1. >
  2. >
  3. >

成功事例Works

行政書士業

行政書士業A社

顧問契約が結ばれる業務形態ではないため、お客様からの仕事の依頼はスポット対応になる。売上を伸ばすためには自ら営業活動を行い、新規の案件を取り続けるしかないが、具体的に何をすべきか分からない。

業界のポイント

定期的に見込客フォローを行い、顧客からスポット対応の案件が発生した際に確実に声が掛かるようにする。また、自らが得意としている業務に絞ってアプローチを行うことが重要。

アイランド・ブレイン式 営業代行で解決!

P 介護施設の相続案件に絞ってアプローチを行い、行政書士の案件が定期的に発生する企業にアポイントを設定することとした。
D 当社から月に2〜3件のアポイントを提供した。
C メルマガやDMに加え、フェイスブックを活用して対応可能業務の情報を発信することにした。また、フェイスブックを通じた交流会にも積極的に参加した。
A 見込客フォローを行ったことで認知度が上がり、訪問先から電話が来て、案件の受注につながった。

>

営業代行の成果

新規受注1件獲得 [介護施設]

■ 受注内容
相続遺言セミナーの実施

新規受注1件獲得 [葬儀業]

■ 受注内容
セミナー相談会

新規受注1件獲得 [介護施設]

■ 受注内容
入居者の方の相続や遺言に関する相談の業務

一覧に戻る

営業代行のご相談はこちら

  • 資料請求
  • メールでお問い合わせ
3角アイコン
  • アイランドブレイン式営業代行とは
  • 選ばれる理由
  • プロジェクトの進め方

もっと知りたい

  1. マンガで分かる営業代行
  2. 紹介者リレー
  3. 名古屋
  4. 大阪
3角アイコン

ボーダー

  • 営業代行「成功事例共有」勉強会
  • 名古屋
  • 東京
  • 大阪