1. >
  2. >
  3. >

ニュースNews

2006.04.25

パブリシティ

雑誌「BIGtomorrow」6月号 「選りすぐりの9人の社長が語る!」の取材を受ける

i75-700_500

営業塾受講者は126名も!

「独立」と「起業」は違う!

25歳の若き社長の名古屋子規営業術

(株)アイランド・ブレイン 嶋 基裕社長

25歳。「顧客発掘プログラム」を開発し、「営業塾」を開校した若き社長

「私の間隔では〝独立〟です。起業ではなく」

と語る嶋社長は最初に会社を興した際〝起業-成功〟の間隔で一度挫折を味わっているのだ。

「生命保険の代理店として独立した時は、同時に家電販売のバイトもしていました」

  嶋社長は、エアコンの売り上げを伸ばしながら、ほかのスタッフの営業活動に注目していた。

「優秀な人に出会うのは難しい。だから逆に売れない人は何がダメかを分析したんです。反面教師から売れるためのプログラムを開発できました」

 このメモをベースにした営業コンサルティングがクチコミで広まり、2004年には株式法人化に成功したのだ。

自身が培ったテクニックで「営業塾」を開校!

現役の企業家やトップ営業マンと契約し実践的な講義を行う「営業塾」。1章分が3講座で10章で構成されている

名古屋式・営業術の極意とは?

「東京なら3階で終わることが名古屋では10回かかります」と苦笑する嶋社長。名古屋の特徴を実感したそうだが、その内容とは?

①重い・クドクド・ネバネバ

「警戒心が強い名古屋ビジネス。それに対応できるかが重要なポイント」

②マメさが必要不可欠

「たとえばお礼状はすぐに書かないとダメです。レスポンスの良さが求められる」

③競争が少ない

「同業他社が乱立しない分、技術を磨いておかないと脱落することになります」

3角アイコン
  • アイランドブレイン式営業代行とは
  • 選ばれる理由
  • プロジェクトの進め方

もっと知りたい

  1. マンガで分かる営業代行
  2. 紹介者リレー
  3. 名古屋
  4. 大阪
3角アイコン

ボーダー

  • 営業代行「成功事例共有」勉強会
  • 名古屋
  • 東京
  • 大阪