1. >
  2. >
  3. >

ニュースNews

2004.12.3

パブリシティ

中部経済新聞 株式会社アイランド・ブレイン代表取締役 嶋の起業経験についての取材を受ける

i92-700_500

泣いて笑った創業記 ★47

□■営業コンサル業

アイランド・ブレイン社長

嶋 基裕さん

 

自身の苦労をビジネスに

 

顧客発掘手法をシステム化

 

柔軟で常識にとらわれない発想をもつ若手起業家。現在二十三歳の嶋基裕さんもその一人だ。営業コンサルタント事業を手がける、アイランド・ブレイン(本社名古屋市東区葵三ノ二〇ノ一八・ウィーブル葵四〇三、電話052・934・1555)の社長として、システム化した顧客発掘手法をもとに事業展開している。個人事業主から法人営業部へと販売先のすそ野が広がり、数十社のクライアントを有する。

高校卒業後、携帯電話のブース販売に飛び込んだ。三ヵ月で売り上げトップを記録し、マネージャーに昇格。十八歳で営業スタッフ三百人の管理を一手に引き受けた。「この時の経験が後のマネジメント基盤になっている」と話す。

その後、ブース販売が時代の流れに合わないとみるや通信機器のサービスを取り次ぐ通信代理店業の会社を設立する。ここでは人間関係に微妙なズレが生じた。七歳年上の共同経営者との間で上下関係が発生。「自分のやりたいことができない」と、■年で辞職した。

父親が保険代理店という事情もあり、二〇〇二年六月に、二十一歳という最年少の若さで保険代理店として独立する。成功の後には苦労が待ち構えていた。「はじめの一ヵ月は、まったく相手にされなかった」と振り返る。本業だけでは生計が立ち行かず、平行して■五回のアルバイトを行う。「とにかく地獄。もう、あの日には帰りたくない」と話す表情が当時の過酷さを物語る。いかに手間や時間をかけずに顧客をつかむか、このテーマが絶えず頭の中を駆け巡っていたという。

独立から■年で経営を軌道に乗せ、効率的な営業手法を着実に身につけていく。営業マンの考え方に踏み込んだ顧客発掘プログラムを開発・販売し、■■の代理店から好評を得たのを機に、〇三年六月にアイランド・ブレインを立ち上げる。

当初は保険代理店を■■対象としていたが、営業全般に拡大。一年後の今年六月に株式会社に踏み切った。保険代理店時代のプログラム購入者が嶋さんの元に集い、現在は正社員九人で構成している。

今後は、「外部にビジネスモデルを販売する事業企画会社として■■したい。来年一月に、■■代理店業の新会社「アイランド・ブレイン インシュランス」を設立する。〇六年末までに■■を含めグループ■■体制を整える」と会社の将来を見据える。

中長期的には「一一年一月をメドにグループ十社で売上高三十億円を確保できる体制を築きたい。多彩な分野に■■■り、顧客を囲い込む。〝ブレインシティー〟を作りたい」と夢を語る。

 

創業の汗

お金をかけないこと、お金がない人は起業を難しく考えるかも知れないが、なければどう費用を抑え込むかアイデアをひねりだす。それがビジネスにつながる。

 

「どう効率的に顧客を確保するかが営業には求められている」と強調する嶋さん

 

 

3角アイコン
  • アイランドブレイン式営業代行とは
  • 選ばれる理由
  • プロジェクトの進め方

もっと知りたい

  1. マンガで分かる営業代行
  2. 紹介者リレー
  3. 名古屋
  4. 大阪
3角アイコン

ボーダー

  • 営業代行「成功事例共有」勉強会
  • 名古屋
  • 東京
  • 大阪