1. >
  2. >
  3. >

ニュースNews

2016.07.9

パブリシティ

中部経済新聞 2016年7月9日、「メッセナゴヤ出展企業特集」で当社の記事掲載

i155-700_500

1300社3万9千件の実績

メッセナゴヤ

10月26~29日 2016 出展企業

アイランド・ブレイン

「営業代行」PR推進

展示会への出展加速

 営業代行業務を展開するアイランド・ブレイン(本社名古屋市中区錦、嶋基裕社長、電話052・950・2320)は、10月26日~29日に名古屋市港区のポートメッセなごやで開かれる異業種交流展示会「メッセナゴヤ2016」に初出店する。同社は中小企業の営業代行業務を手掛けており、2016年3月末時点で、55業種の1300社以上が利用。提供してきた商談件数は3万9千件以上にのぼる。メッセナゴヤに出展することで営業代行を幅広くPRし、製造業など新たな業種の開拓と受注獲得に取り組む。(丹羽駿介)

 同社は2004年設立。主に中小企業の営業代行、営業コンサルティング業務を手掛けている。営業先のリストアップからアポイント取得までを代行する、独自の「IB式営業代行」を展開し、受注実績を伸ばしている。16年5月期売上高は約2億3千万円。社員数は約25人。

 15年10月に大阪で開催された展示会「大阪勧業展2015」に出展して営業代行をPRした。その結果、展示会出展によるPR活動の反響と効果を実感した。今後は展示会への出展に力を入れ、新規の受注開拓を進める方針だ。

 メッセナゴヤでは、出展ブースで営業代行の仕組みを図表でわかりやすく説明するほか、成功事例と実績も紹介する。これまで利用の少なかった製造業にも、営業代行の利用によって、効率良く販路拡大を図ることができるメリットをアピールする。

 担当者は「大阪勧業展の出展で、PR効果が見込めることが分かった。メッセナゴヤをはじめ、積極的に展示会の活用を進めていきたい」と話している。

 

3角アイコン
  • アイランドブレイン式営業代行とは
  • 選ばれる理由
  • プロジェクトの進め方

もっと知りたい

  1. マンガで分かる営業代行
  2. 紹介者リレー
  3. 名古屋
  4. 大阪
3角アイコン

ボーダー

  • 営業代行「成功事例共有」勉強会
  • 名古屋
  • 東京
  • 大阪