1. >
  2. >
  3. >

ニュースNews

2016.06.14

パブリシティ

読売新聞 2016年6月14日、「墨田区との取り組み【新分野参入人材育成支援事業】」の記事掲載

i153-700_500

新分野でものづくりを

「営業ベタ」企業 墨田区支援

※今年度は7社

コンサルティング会社の担当者と打ち合わせをする松村昌幸社長(右) (13日、墨田区立花の吾嬬製作所で)

 墨田区は、医療や介護、航空などの新分野へ挑戦するものづくり企業を後押しする「新分野参入人材育成支援事業」を今月から開始した。区が委託した営業コンサルティング会社が、区内の中小企業の持つ技術を生かした新規事業への参入を手伝う。区は「技術はあるのに〝営業ベタ〟な企業に新たな道をひらきたい」としている。

 同事業は、新分野への参入に意欲のある区内の中小企業を対象に、コンサル会社が営業計画の作成や、販路開拓などを9か月間にわたってサポートするもの。区の公募で、今年度はプラスチック製品製造業や精密金属部品加工業など7社が対象となった。

 新規参入のサポートをするのは、区が委託した名古屋市のコンサル会社「アイランド・ブレイン」。現在の取引内容や競合他社の状況、強みとなる技術などを企業から聞き取り、新規参入に適した分野を提案する。企業と共に営業活動も行い、営業ノウハウを指導する狙いもある。

 13日には、サポートの対象となった墨田区立花、プラスチック成形会社「吾嬬製作所」の松村昌幸社長(42)がア社の担当者と面談。製作所の持つ技術などの聞き取りを受けた。松村社長は「信頼できるパートナーとなりそうだ。うちの成形技術を新たな分野でも生かせれば」と話す。

 同区の町工場は年々減少しており、区産業経済課の中山賢治課長は「区を挙げて新分野への挑戦を応援し、一つでも多く成功例を作ることで波及効果を生み出したい」としている。

3角アイコン
  • アイランドブレイン式営業代行とは
  • 選ばれる理由
  • プロジェクトの進め方

もっと知りたい

  1. マンガで分かる営業代行
  2. 紹介者リレー
  3. 名古屋
  4. 大阪
3角アイコン

ボーダー

  • 営業代行「成功事例共有」勉強会
  • 名古屋
  • 東京
  • 大阪