営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業支援事業コンサルタント顧客対応方針

当社は営業支援事業(営業代行サービス・営業マネジメントサービス・その他それに付随するオプションサービス)を運営しています。そして、営業コンサルタントは顧客と直接的に接しながらサービス提供をします。ここでは、当社の営業コンサルタントがどのような考え方で顧客にサービス提供を行い、どのように接していくべきなのかの方針を記載します。

 

経営理念

  • 顧客満足
  • 市場創造
  • 前向思考

当社の営業コンサルタントは、当社の企業理念・ビジョン・行動指針を体現する存在でなければなりません。よって、営業支援事業の顧客対応方針において、最も上位に来るものは当社の経営理念になります。経営理念とは、言い換えると「憲法」です。憲法とは年月が流れたとしても変わることがないものです。日本国憲法も解釈の違いこそあれ、公布されたから70年以上一言一句文章は変わっていません。コンサルタントは当社の憲法とも言える、「顧客満足」「市場創造」「前向思考」を常に意識し顧客対応を行わなければなりません。

 

ビジョン

  • 顧客満足度世界No1の営業支援会社となる
  • 世界で活躍できる人材を育成しつづける

当社は「顧客満足度世界No1の営業支援会社となる」「世界で活躍できる人材を育成しつづける」というビジョンを掲げています。ビジョンとは言いかえると「向こう10年間の大きな目標」です。ビジョンが目標という性質を持つということは、目標設定に関する原則が適用されます。

今のままの成り行きで達成されるものではなく課題解決を伴う、目標として認定されているからには達成不可能なものではなく、1人1人の頑張りによって達成が可能である、結果目標だけでなく行動目標に落とし込むことができる等です。そして、目標設定であるからには目標管理も行われるべきであり、当社のコンサルタントはこのビジョンと現在との乖離を常に意識して行動をすることが必要です。

 

行動指針

  • お客様の経営理念・ビジョンを実現する
  • お客様に新たな道を提案し、共に挑戦する
  • お客様のために考え、実行し、結果を出す
  • 常に業界知識や市場知識ならびに各種技術の習得に努める
  • 経営理念・ビジョン・行動指針を意識して行動し、他のメンバーにも良い影響を与える

企業理念が「憲法」であるならば、行動指針は「法律」と呼ぶことができます。企業理念は最上位の概念であり時間が経過しても不変のものですが、実務の運用においては「法律」である行動指針が必要になります。当社のコンサルタントは営業支援事業(営業代行サービス・営業マネジメントサービス・その他それに付随するオプションサービス)を行うにあたり、行動指針を意識しながら、体現しながらサービス提供をする必要があります。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!