営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンが坊主頭にするのはタブーって本当?その都市伝説の根拠を調査

営業マンが顧客から信頼される上で重要な第一印象。
一度形成された印象を変えるにはかなりの時間と労力を要するので、できる限り良い印象を与えておきたいものですよね。

ところで、巷では営業マンが坊主にしてはいけないといった噂があります。
どうやら、坊主にすることで相手からの印象が悪くなってしまうようです。
それは本当なのでしょうか?
もし本当なら、坊主にしようか悩んでいる人は困ってしまいます。

そこで今回は、営業マンが坊主にするのはタブーなのかどうか、どんな理由からタブーとされているかについて調査してみました。

営業マンが坊主頭にするのはタブーって本当?

営業マンが坊主頭にするのはタブーか?
その問いに対する回答はNOです。
会社側から禁止されていない限りは、坊主頭にしても差し支えありません。

ただし、抑えておくべきポイントが2つあります。
それは「怖さ」と「不潔」な印象を与えないことです。

なぜこの2点が重要なのか、そのヒントは都市伝説の根拠にあります。
それらを明らかにしていくために、まずは噂の真相を確かめてみましょう。

営業マンが坊主であることに対する世間のイメージ

噂の真相を確かめるべく、まずはWebで検索をかけてみました。
Yahoo!知恵袋などでは坊主に対して次のような意見が見られました。

  • 坊主は気持ち悪い
  • 坊主は怖い
  • 転職に不利
  • 刑務所上がりと思われる

など、ネガティブな意見がかなり多いようです。

坊主のイメージが良くない理由

諸説ありますが、坊主を良く思わない人が一定数いる原因は次の3つに集約されます。

  • 坊主は囚人や反社会組織など「悪人」を連想させる
  • 反省の手段としての坊主が「良くないこと」という印象を与えている
  • 坊主は不潔なイメージがある

見ていて気持ちのいい単語は並んでいませんが、少数の人たちがそう思っている可能性があるに過ぎません。
大多数の人々は坊主を「あなたの個性」として捉えますから、否定する人はごく少数であることは忘れないでおいてくださいね。

それでは、一つずつ見ていきましょう。

坊主は囚人や反社会組織など「悪人」を連想させる

怖いイメージの大部分は恐らくここから来ているのではないでしょうか。
刑務所に入ると、髪を刈り上げられます。
これは、みんなと同じ髪型にすることで連帯意識を育むことが出来ることや、囚人は毎日お風呂に入れないため、衛生面を考慮して坊主にすると言われています。
もちろん、懲罰としての意味も含まれているでしょう。
以上の理由から、刑務所に入った人たちは坊主にしなければならず、出所する時も坊主です。
そこから、坊主の人=怖い人というイメージが定着してしまっているのかもしれません。

反省の手段としての坊主が「良くないこと」という印象を与える

過去に某アイドルが反省のために長い髪を丸刈りにして、話題になったことがありました。
なぜ坊主にしたら反省になるのか疑問ではありますが、懲罰や自分への戒めとして坊主を活用するパターンもありそうです。

たとえば、中学校、高校などの部活動では、悪いことをした罰として坊主にさせるという風習がありました。
多感な年頃になると坊主になることを嫌がる人が増えます。
もしルールを破ったりいけないことをしたら、罰として坊主にしなければならない。
そうすることで、みんな坊主になるのを嫌ってルールを守るようになる。
もしかすると、最初はそうした効果を狙っての坊主だったのかもしれません。

しかし、その意図が伝わることはなく、「悪いことをしたら坊主」という発想だけが独り歩きして「坊主=いけないことをした人」というイメージを持たれている可能性があります。

坊主は不潔なイメージがある

坊主はむしろ頭を洗いやすくて清潔感があると思うのですが「坊主は気持ち悪い」「清潔感がない」と思う人も存在するようです。
はっきりした理由はわかりませんが、原因は皮脂でしょうか。
頭皮に皮脂が溜まるとどうしてもヌルヌル、テカテカしてしまいます。
皮脂によるテカリは苦手な人も多いので、それで気持ち悪いと感じてしまうのかもしれません。

また他にも、中途半端ならいっそ坊主にしてくれという意見も見かけました。
ご自身の毛量にもよりますが、潔く切った方が好印象になる場合もあります。

坊主の営業マンとして生きていくための5つの方法

課題である「怖さ」と「不潔」を解決するために以下の方法を試してみてください。

笑顔!とにかく笑顔!

一番大切なことです。怖い印象を与えてしまうほとんどの理由は、顔が怖いことにあります。
だからこそ、笑顔です。
笑顔が素敵な人は例外なく魅力的です。
人から怖い印象を抱かれやすい分、人の倍以上に、笑顔に気を遣いましょう。

坊主を誇りに思う

坊主や薄毛であることを恥じるのではなく、むしろ誇らしく思いましょう。
俳優のジェイソンステイサムは「そもそもこの俺に髪の毛なんて似合わない」と言っています。
この発想ができるようになれれば、向かうところ敵なしです。
髪があってもなくても、あなたは素敵です。

無神経な人を許す

髪がないことをからかってくる人を無礼だと感じるかもしれませんが、笑って許してあげましょう。
これは我慢ではなく、受容です。
なかなか人を許すのは難しいですが、習慣づけておく価値はあります。
たとえば、ミスした部下に温かく接することが自然とできるようになります。
部下から慕われる自分になるためのチャンスと捉えましょう。

頭皮ケアを念入りに

基本的には、洗髪で頭皮の皮脂をしっかり落としましょう。テカリだけでなく、ニオイも多少改善されます。
さらに、油取り紙で皮脂を拭き取ったり、頭皮マッサージをしたり。
スキンヘッドなら日焼け止めや保湿クリームを塗っておけばもう完璧です。

こまめに剃る

髪が伸びすぎると野暮ったくなってしまうので、美しい長さの維持管理も大切です。
髪と向き合う時間は自分自身と向き合う時間でもあるので、定期的に剃る時間を設けましょう。
バリカンを買っておけば自分ひとりでもメンテナンスできます。

まとめ

今回は営業マンが坊主にするのはタブーなのかどうか、そしてどんな理由からタブーとされているかについて解説いたしました。いかがでしたでしょうか。
営業マンに坊主はタブーだという根拠はないのでご安心ください。坊主の印象を悪くしているのは「怖さ」と「不潔」という先入観です。坊主の営業マンとして活躍していくためには、これらの障害を乗り越える必要があります。
中でも「怖さ」という障害は大きいですが、対策はシンプル。「笑顔」を意識することです!
もし坊主にされる場合は、お勤めの会社が坊主にすることを認めているかどうか確認することもお忘れなく。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!