営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

自動車ディーラー営業マンの本音!あるある5選

自動車のディーラーというお仕事は非常に身近な存在ですよね。
日本は多くの国産自動車メーカーを抱えているうえ、輸入車の種類も非常に豊富なため、自動車購入にあたって選択肢がとても多いです。
数ある自動車メーカー、車種が存在する中で選んでもらうために自動車ディーラー営業マンがいるわけですが、今回はそんな自動車ディーラー営業マンの本音を暴いていきましょう。

自動車ディーラーで働くからこそのあるある5選、ぜひご覧ください。

自動車ディーラー営業マンの本音!あるある5選

それではさっそくご紹介して参ります。

自動車ディーラー営業あるある1:ノルマが負担

これは営業マンであれば避けられない部分かもしれませんが、月に何台といった形で目標を定められます。
だいたい4~5台を目標とするようで週に1台は売らなければなりません。
これって案外大変なことで、数百万円する自動車を週に1台安易に売り続けられる営業マンなんてきっといません。
みなさん努力して工夫して、できるだけ多く売れるように努めているのです。
トップセールスマンにもなると月に7~10台をコンスタントに売り続けるようです。

自動車ディーラー営業あるある2:ノルマは販売台数だけではない

これは案外知られていませんが、実はウォーターサーバーの販売や保険の契約など、自動車と関係のないノルマもあるのです。
様々なノルマに追われ、毎月駆け巡るような思いで仕事に従事するので、負荷を大きく感じる人もいるかもしれません。

自動車ディーラー営業あるある3:マージンボーナスの形態がさまざま

これはメーカーによって異なりますが、自動車を1台販売するといくらかがマージンとして営業マンに還元されます。
マージンの算出の仕方はさまざまで、「売上金額の〇%」と1台ごとに設定するところもあれば、「1ヵ月の売上台数に合わせて」など月単位で見られるところも。
還元があるとその次もまた頑張ろうという気持ちになるので良い効果が得られますよね。

自動車ディーラー営業あるある4:普段から車を観察してしまう

道行く車のナンバーやボディの傷などを無意識のうちに凝視してしまうそうですよ。
いわゆる職業病ですね。
お客様の車のナンバーを覚えているので街中で見かけると「あ!」と思ってしまいそうです。

自動車ディーラー営業あるある5:自動車関連の雑誌を読まなくなる

普段から自動車と関わっているので自動車の情報誌などを一切見なくなる傾向にあるようです。
やはり休日くらいは仕事のことから離れたいですよね。
もちろんドライブするのが好きだったり、車に詳しいからこそ日常的に使える知識はあったりするものの、できるだけ休日は自動車のことを考えないように過ごすのが自動車ディーラーの営業マンあるあるなんだそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は自動車ディーラーに勤める営業マンの本音やあるあるをご紹介しました。
ノルマがキツくて辞めてしまう営業マンも多々いるようですが、自動車ディーラーの営業のお仕事の良いところは「売ったらおしまいではない」というところです。
自動車を購入すれば点検や保険のことなど相談したいことがたくさんあります。
そういった顧客と長く付き合いを続けていけるのがこの仕事の醍醐味です。
もちろん新規の契約をしっかりと取る傍らでアフターサービスにも従事するということは簡単なことではありませんが、そういったところから顧客満足度の向上を感じることができるのです。
大変だけどやりがいはきっとある、そんな自動車ディーラーの営業マン。
転職をお考えの方はぜひ参考にしていただけたらと思います。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!