営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業職になりたい人はどの学部に入るべき?大学選びのコツを紹介

営業職になるために特別な資格は必要ありませんが、学んだことが営業に活かせる学部はあります。
営業になりたい人は大学でどのような学部に入るべきなのでしょうか。

今回は営業職になりたい人はどの学部に入るべきか、大学選びのコツをご紹介していきたいと思います。

営業職になりたい人はどの学部に入るべき?

営業職になりたい人にオススメの学部は経済学部・経営学部・商学部です。

どの学部も実際のビジネスに活きてくる学問を学ぶことができ、実務的な知識を培うことができるのがオススメの理由です。

経営学部・商学部が扱う単位は会社などの組織、経済学部の扱う単位は国と考えると違いがわかりやすいです。

経済学部・経営学部・商学部は文系の主要学部として国公立・私立問わずほとんどの大学に設置されていますので、行きたい大学の中でどれかの学部はまず選択することができるでしょう。

経済学部・経営学部・商学部は財務会計経済学経営学マーケティングなど、会社の経営やビジネスに直結した知識を学ぶことができるため、営業職への就職に比較的有利であると言われています。

資本主義社会において会社は売上と利益を生み出すことが使命であるため、業界・業種を問わず多くの企業が行っている経営活動を大学生のうちに理解することができれば社会に出てから大いに役立ちます。
社会人になってから必要となる知識を学生の間に培い、世の中のお金の流れや仕組みを学べるというのは大きな魅力ですね。

経済学部・経営学部・商学部を卒業した大学生の就職先は商社やメーカーの営業が多い傾向にあります。

営業になりたい人の大学選びのコツは?

超有名企業の営業を狙うのであれば名門大学を目指す必要がありますが、基本的に営業の世界は学歴を問わない実力主義ですので、他に行きたい大学があるのであれば営業になるためだけに大学の知名度やレベルを気にする必要はありません。

営業になりたい人の大学選びのコツは自分が行きたい大学に行くこと!
それに尽きます。
行きたい大学に行き、4年間勉強に励むことが何よりも大切です。

大学4年間を就職までの暇つぶしのように怠惰に過ごしてしまうと就職の時苦労します。
文系学生は就職の際つぶしがききやすいとよく言われますがその反対も然り。
専門知識を培う理系と異なりどこかの業界から特別に欲しがられるわけではないので、大学4年間でしっかりとビジネスで通用する知識を身につけておくことが大切です。

また、冒頭でもご説明したように営業になるために特別な資格は必要ありませんが、社用車を使って営業先を回ることもあるため、自動車の免許は学生の間に取っておくといいでしょう。

他にも学生の間に資格を取っておいて就職に活かしたいという場合は、日商簿記検定ファイナンシャルプランナー(FP)TOEICがオススメです。
実際のビジネスに関わる資格であり、持っていると有利に働くことが多いでしょう。

まとめ

今回は営業職になりたい人はどの学部に入るべきか、大学選びのコツをご紹介いたしました。営業職になりたい人にオススメの学部は経済学部・経営学部・商学部です。経済学部・経営学部・商学部は財務や会計、経済学・経営学に加えてマーケティングなど、会社の経営やビジネスに直結した知識を学ぶことができるため、営業職への就職に比較的有利であると言われています。ぜひ大学選び、学部選びの参考にしてくださいね。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!