営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業職の耳にピアスホールが空いていたら印象悪い?

ビジネスシーンでは、業種、企業、職種など様々な要因で服装規定が大きく変わります。
そんな中、一昔前は、ピアスを開けていることだけで素行が悪い印象を持つ年配の人が多かった、という話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。では、今はどうなのでしょうか。社会人、その中でも特に営業職のような社外に出ていく人のピアスに対する意識に変化はあるのでしょうか。

今回は、営業職の耳にピアスホールが空いていたら印象が悪いのか?そして、ピアスホールが空いている営業職の人が注意すべきことについて解説していきます。

営業職の耳にピアスホールが空いていたら印象悪い?

ピアスを開けていることに対する年配の方の嫌悪を含む悪印象は、ビジネスシーンにおいても根強く残っています。ビジネスカジュアルという言葉があるように、服装規定は緩まってきていますが、ピアスは社内では問題なくても取引先との面談や商談の際は基本的にNGで付けないことを求められることがほとんどでしょう(アパレル等ファッション性を求められる取引先は除く)。

では、ピアスを付けていなくても耳にピアスホールが空いているだけで印象は悪くなるのでしょうか。それは、取引先の担当者の主観によるところが大きいことが予想されます。
体に穴を空ける行為そのものに嫌悪感を持つ人は一定数存在するため、ピアスホールを見られたら印象が下がる可能性はあります。ただし、通常の範囲内のピアスホールでしたらよく見ないとわからないことが多いと思いますので、それほど気にしすぎる必要はありません。

一方、穴が大きい場合は注意が必要です。外見で判断できることに限りがあるとはいえ、穴が目立つような場合は印象を悪くすることもありますし、信頼感に影響する可能性があるため隠す必要があります。

ピアスホールがある営業職の人が注意すべきこと3つ

営業職でピアスホールがある人は、日常的に気にしすぎる必要はありませんが、ビジネスシーンにおいて、例えば取引先との打ち合わせや商談など対外的な場面において注意すべきことがあります。
3点あげましたので順に見ていきましょう。

  1. 目立つピアスホールはしっかり隠す
  2. 取引先とのコミュニケーションを意識して丁寧に行う
  3. 外見を必要以上に意識しない

先述の通り、ピアスホールが通常サイズより大きい場合は注意が必要ですので、取引先との面談の際はかならず隠すようにしましょう。
また、ピアスホールに対して誰が何を思うかは未知数ですので、見た目ではなく中身でしっかり勝負しましょう。取引先の人とは、コミュニケーションや人となりを理解していただけるように丁寧に接するようにしましょう。一方、一見矛盾しますが、外見を必要以上に意識しないことも大切です。取引先との関係を作るのは「人」と「人」。自分自身の考えや想いをしっかりとお伝えしながら、信頼関係を構築していくことを意識しましょう。
以上3点に注意することで、外見だけではなく「人」としてのつながりを意識して仕事に取り組めるようになるでしょう。

まとめ

今回は、営業職でピアスホールが空いていたら悪印象になるかどうか解説してきました。通常のピアスホールの大きさでしたら、必要以上に意識せずに過ごしたいものです。最終的には取引先との関係性は「人」と「人」。人間性や考えをしっかり伝えられるようにしていきましょう。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!