営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

女性営業マンがピアスを付けるのはマナー違反?営業女子が注意すべきピアスのマナー3選

プライベートだけでなく、仕事もおしゃれをして楽しく取り組みたいというのが働く女性の理想ですよね!
ピアスや指輪、ネックレスといったアクセサリーは女性が着飾るための基本のアイテムと言えますが、女性営業マンが付けているとお客様から見てどういう印象を受けるのでしょうか?
結婚指輪やネックレスは比較的ビジネスシーンにおいても着用しやすいですが、ピアスはマナー的にどうなのでしょうか。

そこで今回は、女性営業マンがピアスを付けるのはマナー違反なのかについて解説するとともに、営業女子が注意すべきピアスのマナーをご紹介いたします。

女性営業マンがピアスを付けるのはマナー違反?

結論から申し上げますと、男性女性に関わらず基本的に営業がピアスを着用しているのはビジネスマナー違反といっても過言ではありません。

営業は清潔感があることはもちろんのこと、お客様に信頼してもらうために身だしなみには人一倍気を使わなければいけない職業。
ピアスをつけたまま伺うと「取引先と会うのにピアスをしてくるとはマナーがなってないな」と思われてしまうことが多いでしょう。

アパレル関係美容業界の営業の場合は会社によってピアスをOKとしているところは多いです。
むしろオシャレを心がけてお客様に自社のアピールをしなければいけない立場となるのでファッションに合わせてアクセサリーを考えるなども営業の身だしなみのうちと言えますね。

そのほかのメーカーや企業では、社内での着用はOKだとしても外回り営業の際はピアスを外すように指摘されるところがほとんどでしょう。
基本的にビジネスシーンにおけるピアスはマナー違反であると認識しておいた方が間違いなさそうです。

営業女子が注意すべきピアスのマナー3選

営業女子がピアスを着用して営業に行くのは基本的にはマナー違反で、避けたほうが無難です。
しかし会社によってはピアスをしても良いとしているところや、あまり厳しく指摘されないところもあるかと思います。

そこでここからは営業女子が注意すべきピアスのマナーについての3つのポイントをご紹介いたします。

もし社内で指摘されたりお客様に不快感を示されることがなくても自分自身で以下のポイントを踏まえて、ビジネスシーンに適した節度あるオシャレを心がけましょう。

営業女子が注意すべきピアスのマナーその1:耳たぶに左右1こずつ

ピアスの着用が禁止されていない場合でも、耳たぶ以外の軟骨やトラガスといった箇所へのピアスは避けましょう。
プライベートでは自由におしゃれを楽しめば良いのですが、取引相手の価値観によっては耳たぶ以外のピアスや度を超えた数のピアスには不快感を示される方もいらっしゃいます。

営業は会社の看板を背負って活動をしているので、自分一人の意識の低さで会社に悪いイメージを持たれないように注意する必要があります。

ピアスを着用する場合は基本的に耳たぶに左右1つずつ付けるのが最低限のマナーと言えます。

営業女子が注意すべきピアスのマナーその2:シンプルなピアスにする

ジャラジャラと揺れるようなピアスや、キラキラすぎるもの、ドクロなどのロックなピアスはビジネスシーンには適しませんのでNGです。
ピアスに限らずビジネスシーンで着用するアクセサリーは控えめでシンプルなものがオススメです。
真珠のピアスや小さめのジルコニアのピアスなど、ビジネスに適したものを着用するようにしましょう。

営業女子が注意すべきピアスのマナーその3:外回り営業や取引先への訪問時は外す

通勤中や社内での勤務時間中は着用し、外回り営業の際や取引先への訪問の際、特に新規のお客様に会うときはピアスを外すようにしましょう。

まだ信頼関係がガッチリと構築できていないお客様への訪問時にピアスをつけていくことは「この人に頼んで大丈夫かな?」と取引の行方も左右しかねないのでオススメできません。

「ピアスをつけているから信頼できない」のではなく、「取引先への訪問にピアスをつけてくるほどマナーも知らないような人に任せて大丈夫かな」というイメージが近いですね。

お客様は「営業がピアスをしてたから契約しなかった」とストレートには教えてくれないと思いますが、もしピアスをしていったことで契約を取りそこねたのであれば営業としてこれほど悔しいことはないはずです。

勤務中のオシャレは自分のモチベーションアップにもつながるので極端に制限しすぎる必要はありませんが、最低限のマナーを守り、お客様に与える印象を想像してから判断するようにしましょう。

まとめ

今回は女性営業マンがピアスを付けるのはマナー違反なのかについて解説するとともに、営業女子が注意すべきピアスのマナーをご紹介いたしました。
結論としては営業女子は勤務中ピアスを着用するのは好ましくありません。
会社によって禁止しているところや着用を許可しているところなどまちまちですが、アパレル関連や美容業界はピアスOKの企業が多い傾向にあります。
特にピアスについて社内規定がなく、指摘されることがなかったとしても、社会人として最低限の着用マナーを守りましょう。営業は会社の看板として取引先の印象や今後の契約に大きな影響を与えることを意識して、節度あるおしゃれを楽しんでくださいね!

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!