営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンが取引先に好印象を与えるワイシャツの色とデザインは?

営業マンとして取引先に好印象を与えたいのは誰しもが思うことです。
特に好印象を与えるために大切になる要素が「見た目」
人は相手の印象を9割以上「視覚的情報」で判断すると言われています。
商談を行う前から悪い印象を与えてしまい、内容に耳を傾けてくれないなんていう事態は避けたいですよね。
そんな風にさせないためにも、良い印象を与える「見た目」でいたいものです。

今回は営業マンが取引先に好印象を与えるワイシャツの色、デザインとはどういったものなのかをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

営業マンが取引先に好印象を与えるワイシャツの色

基本的にが好ましいでしょう。
最近では水色やグレーなどを着用している営業マンもいますが、初めて伺う取引先であれば白いワイシャツにするのが無難です。

薄いグレー水色もNGではありませんが色の主張の強くないものを選びましょう。
白のワイシャツは黒やグレー、ネイビーのスーツとも相性がよく、どんなネクタイとも合うので使いやすさにおいても優秀と言えます。

また、ワイシャツには汚れやシワがないこともしっかりチェックしおくことが大切です。
薄い色のワイシャツは清涼感を演出することができますが、汚れが目立ちやすいデメリットもあります。
忙しい朝でもシワはきちんと伸ばし、汚れがついていないか確認してから着用するよう心がけると清潔感のある営業マンとして認識してもらえるでしょう。

営業マンが取引先に好印象を与えるワイシャツのデザイン

ワイシャツには様々なデザインがあります。
お洒落なデザインのものも多くありますが、今回はビジネスシーンに適したデザインはどんなものかをそれぞれ選ぶポイントごとに見ていきましょう。

ひとつめは襟元です。
襟元はレギュラーやショートレギュラー、スタンダードワイドなど、スーツやネクタイと合わせやすい形を選ぶようにしましょう。

次にカフスです。
小丸や大丸のカフスが望ましいでしょう。カフスは特に商談中に目に入りやすい箇所です。
手元の資料を見る際に必ず視界に入る部分なので、ドレスシャツのような華美なデザインは避けることをお勧めします。
柄については、当然無地が好ましいでしょう。

生地の織り方でデザインが少し出る織柄のワイシャツもありますが、軽くデザインが出る程度くらいまでならOKです。
ストライプは程度にもよりますが、幅の太いものは避けるべきです。
このデザインはどうかなと悩むようなら営業先に着て行かず、社内用に使うと良いかもしれませんね。

また、夏になるとスーツの下に半袖シャツを着たくなりますがこれはNGです。
スーツの袖からワイシャツの袖が1~2cm程度見えているのが正しい着こなしになります。

まとめ

営業マンが取引先に好印象を与えるための身だしなみをワイシャツという切り口でご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。一般的に多くの企業の営業マンにおいて、通用する内容ではありますが、全ての営業マンに通ずるわけではありません。
たとえばファッション業界に勤めている営業マンであれば、時代に即したカジュアルなデザインのものを着た方が好印象を与えられます。ご自身の環境に合わせてコーディネートしてみてくださいね。
迷った時は身近な同僚営業マンの服装を観察してみたり、直接相談してみたりするのも解決策かもしれません。
デキる営業マンは取引先によって服装の雰囲気を変えているとも言います。
少しずつ慣れて服装のNGラインをしっかり見極めて営業活動をしていきましょう。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!