起業マガジンは全国の起業したい人を応援しているアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

起業メンバーは何人がベスト?人数ごとのメリット・デメリットを紹介

世界的に有名な起業であるAppleやGoogleはたった2人の起業メンバーから誕生しましたし、2人以上で起業して成功した事例は数多く見つかります。
このことから、1人で起業するよりも複数人で起業した方が成功しやすい印象を受けますが、実際のところどうなのでしょうか?

2人以上で起業すると余計なトラブルを抱えることになるという声もありますし、2人でなければ成功しないという訳でもなさそうです。
人数ごとのメリットやデメリットもあるでしょうから、それらを考慮した上で起業するのにベストな人数を探ってみたいと思います。

そこで今回は「起業するのにベストなメンバーの人数」についてご紹介いたします。

起業メンバーは「2人」がベスト!

結論から申し上げると、自分を含めて起業メンバーは2人がベストです。
次いで自分1人での起業になります。

その理由を説明するために、まずは人数ごとのメリットやデメリットについて確認していきましょう。

起業人数のメリット・デメリット

起業メンバーの人数ごとのメリット・デメリットを、自分1人で起業した場合と、自分ともう1人(2人)で起業した場合、3人以上で起業した場合の3パターンに分けて解説していきます。

1人(自分だけ)で起業する場合

1人で起業する場合のメリットは、

  • 自分一人で会社に関わるあらゆる決定が行える
  • 意思決定が素早く行える
  • 自分の進みたい方向へ進むことができる
  • 人件費が抑えられる

デメリットは、

  • 自分が病気などで倒れたときに会社のすべてが成り立たなくなってしまう
  • 客観的な視点が不足することで、間違った方向に進んでも軌道修正できない可能性がある

ことなどが挙げられます。

2人(自分+1人)で起業する場合

2人で起業することのメリットは、

  • お互いが納得するまで話し合いやすい
  • 1人だけで起業する場合よりも良いアイデアが出やすく、3人以上で起業する場合よりもお互いの意見を尊重しやすい
  • 役割の分担や権利の配分などが決めやすい

一方、デメリットとしては、

  • 意見が割れたとき、どちらかが折れるまで対立が続いてしまう
  • 仲介役がいないため、対立が長引きやすい
  • 相手が辞めた時には負担が急増する

といったことが挙げられます。

3人以上で起業する場合

3人以上で起業するメリットは、

  • 新しい意見が出やすい
  • 違う分野の専門が集まれば成長も加速する

デメリットは、

  • 人件費が増える
  • 意思決定のスピードが落ちる
  • 不公平感の調整に多くの時間を割く必要がある
  • 誰が何をどこまでするのか、役割分担が難しい

上記のようなことが挙げられます。

やはり人数が増えればその分コントロールが難しくなる他、業務外でトラブルを抱える可能性も高まります。

与えた役割に起業当初は納得していても、事業が軌道に乗って成功するや否やコロっと意見を変えて「もっと株式を与えろ」と不平不満を言い出すメンバーもゼロとは言い切れません。
それに応じなければ、あの手この手を使って取締役の座を引きずり下ろそうとしてくる者もいるでしょう。

その観点から考えると、会社の株式を持つ人間が多ければ多いほどリスクは増えることになります。

そのため、多くのメリットを受けつつも最小限のリスクで済む「2人」での起業がベストという事になります。

理想はお互いの不足を補い合えるメンバー

理想の役割分担は、得意な部分は自分が受け持ち、苦手な部分はパートナーに任せることです。
自分の得意なことに集中できれば能力を最大限に発揮できますし、お互いにとってメリットがあるのでお互いを尊重しやすいです。
議論の対立が起きてもお互いが尊重しあっていれば折り合いをつけやすいだけでなく、違う視点を持った2人だからこそ生まれる素晴らしいアイデアも期待できます。

起業メンバーは事業の成功を左右するほど重要な存在なので、ここは妥協せずにしっかりと理想のメンバーを選び抜きたいところです。
とはいえ起業のタイミングを逃す訳にもいきませんから、設定した期限内に見つからなければ一人で起業することも視野に入れておきたいですね。

まとめ

今回は「起業するのにベストなメンバーの人数」についてご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか。
ベストな起業メンバーの人数は2人です。
1人で起業するよりも客観的な視点や自分の不得意な部分などの「足りない部分」を補いやすく、3人以上で起業するよりも納得いくまで議論が行えます。
ただし、自分と相手しかいないのでどちらかが折れるか別の解決策を思いつくまでは議論が停滞することは避けられません。
そのため、お互いの不足を補い合うことで尊重しあえるようなパートナーを選ぶことが重要です。
起業メンバー選びを妥協してしまうと後になって大変なので、理想の相手がいなければ自分一人で起業することも視野にいれておきましょう。

足場工事作業員のイラスト

アイデアや資金がなくてもOK!
起業して成功したいという「やる気」さえあれば、
当社があなたの起業を徹底サポート致します!!

自分のアイデアを起業して形にしたい!
起業して社会を変えてみたい!

と思っていませんか?
そんなあなたに当社が下記のサポートを無償で致します!

  1. 起業に必要な資本金、運転資金の援助
  2. あなたの会社のビジネルモデル、経営計画の作成をサポート
  3. 各分野で活躍する当社関連会社からのサポート、税理士など各種専門家の紹介

当社の支援を受けて
スムーズに起業できた人が増加中!

今すぐ問い合わせ