起業マガジンは全国の起業したい人を応援しているアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

起業したい人が選ぶべき大学&学部は?起業に有利な大学・学部を紹介

近年、働き方改革やワークスタイルの変化によって起業という道を選ぶ人が急速に増えてきていますね。
昔は大企業に勤めて定年までサラリーマンとして働くというのが安定と言われるワークスタイルでしたが、現在は個々のビジネススキルや世渡り術が物を言う世の中に変わりつつあり、個人事業主やベンチャー企業を起こす人が10〜20代の若年層からも続々と現れています。

「自分も将来起業したい!」と学生のうちから考えている方も多いと思います。
現在高校生であればどの大学のどの学部で学ぶと起業に有利なのか、進路を決める上でとても気になりますよね。

そこで今回は、起業したい人が選ぶべき大学&学部、起業に有利な大学・学部をまとめてご紹介いたします!

起業したい人が選ぶべき大学&学部は?起業に有利な大学・学部まとめ

最近は起業へ就職するだけが将来の進路ではなくなってきました。
将来起業したいと考えている高校生の方にとって、どの大学のどの学部で学ぶのがよいかは気になるところですね。

大学は高校までの勉強と異なり、今後の人生に深く関わりのある専門的な知識を深めていく大事な4年間となります。
近年は学生起業を支援している大学も増えてきましたので特徴をしっかり掴んで進路選択していきたいところですね。

それでは早速起業したい人が選ぶべき大学、学部をご紹介していきます。

起業に有利な人気大学トップ3

まずは起業に有利と言われている人気大学をご紹介していきます。
起業したい方にオススメの大学は起業に役立つ環境が整っており、起業支援が充実している大学となります。

1位 同志社大学

関関同立と呼ばれる関西の難関大学の一つ。
関関同立の中で学力的にも頂点に位置しているのが同志社大学です。

同志社大学は起業家支援にとても力を入れており、同志社大学連携型起業家育成施設『D-egg』を運営しています。

ビジネスプランが見込みあるものであれば、同志社大学が理想的な環境を用意してくれるというもの。
将来性が認められれば学内施設をオフィスとして利用することができ、事業内容に応じて試作開発室タイプ、実験・研究室タイプ、IT・オフィスタイプの3種類から部屋を選び、事業所として活用することができます。

この施設を使うために書類審査、プレゼンテーション審査があり、審査は厳しめですがベンチャー志望の方には魅力的な環境となっています。

2位 慶應義塾大学

関東の人気大学の一つ慶應義塾大学。
慶應義塾大学のキャンパスのうち、通称SFCと呼ばれる湘南藤沢キャンパスに総合政策学部&環境情報学部という学部があります。

このSFCは起業家志望の学生が多いことで有名で、在学中に起業したりNPO法人を設立したりする学生もとても多いです。
大学連携型起業家育成施設として『慶應藤沢イノベーションビレッジ』という施設もあり、審査に通ればオフィスとして借りることが可能です。

3位 早稲田大学

慶應義塾大学と並ぶ人気私大の一つ、早稲田大学。
早稲田大学にも起業家志望の学生をサポートするシステムがあります。

早稲田大学インキュベーションセンターではオフィスや会議室といったインフラ提供のほか、経営相談などを行っているインキュベーションコミュニティもあります。

インキュベーションコミュニティに参加するためには月額10,000円の参加費が必要ですが、起業家同士で質の高い情報交換などが行えますので、月額を払う価値は十分あると言えるでしょう。

 

上記3つの大学の他にも、起業したいという学生をサポートしてくれるところは多数あります。
大学4年間でつく差は社会に出てからとても大きいので、起業したいと今から考えている方は学生起業支援の制度をフル活用していきましょう。

起業に有利な学部トップ3

続いて起業に有利な学部をご紹介します。

1位 商学部(経営学部・経済学部)

商学部や経営学部、経済学部は起業に直結する知識を学ぶことができるため、起業したい人には一番おすすめの学部です。

会社を維持するために必要な組織論や、厳しい競争社会で生き残っていくための戦略論、マーケティングなど実際のビジネスに役立つ勉強ばかりです。
個人事業主から法人化まで一通りの形態について学ぶことができるため、自身が個人事業主として起業した後、法人化してビジネスを拡大させていきたい場合の参考にもなるでしょう。

また、大学によっては実際に経営者が講演に来て話をしてくれるところもあります。
実際に起業して成功している人から話を聞き、交流することができるのもこれらの学部の大きなメリットです。

2位 法学部

起業するにあたって営業やマーケティングの知識以外に商法や税法、労働基準法などあらゆる法律の知識が必要になります。
法学部では起業に必要な法律の知識を身につけることができるのでオススメです。

もちろん法律の専門家である弁護士や税理士、司法書士などの士業という形で起業することもできます。

3位 理工学部

理工学部はシステムエンジニアやプログラマーになるための専門的なスキルや知識を身につけることができます。
現代社会においてITはビジネスととても密接なものになってきています。
IT会社の経営者が元エンジニアということも珍しくありません。

ITビジネスなら実際に店舗を構えたり在庫を抱えたりする必要もなく、スキルや知識さえあれば若いうちに起業することが可能です。

ITスキルはビジネスにおいて他人と差をつけられる有利なスキルなので、IT関係のビジネスで起業したい方は理工学部がおすすめです。

まとめ

起業したい人が選ぶべき大学&学部についてご紹介いたしました。
今高校生で「どの大学に行こう?」と進路を悩まれている方はぜひ参考にしてみてくださいね。
学生の間に起業をすることも可能ですので、社会に出る前にビジネスの仕組みや人脈作りをしておくのもおすすめです。
あなたの起業が成功するよう応援しています。

足場工事作業員のイラスト

アイデアや資金がなくてもOK!
起業して成功したいという「やる気」さえあれば、
当社があなたの起業を徹底サポート致します!!

自分のアイデアを起業して形にしたい!
起業して社会を変えてみたい!

と思っていませんか?
そんなあなたに当社が下記のサポートを無償で致します!

  1. 起業に必要な資本金、運転資金の援助
  2. あなたの会社のビジネルモデル、経営計画の作成をサポート
  3. 各分野で活躍する当社関連会社からのサポート、税理士など各種専門家の紹介

当社の支援を受けて
スムーズに起業できた人が増加中!

今すぐ問い合わせ