起業マガジンは全国の起業したい人を応援しているアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

「起業家」と「経営者」の違いとは?

ビジネスシーンでよく耳にする言葉である「起業家」と「経営者」。
この2つの語句について、厳密な定義を知らずとも「何となく同じような意味合いで使っている方」や「一緒の言葉だと思っている方」も多いのではないでしょうか。
とはいえ、将来的に起業をしたいと考えている方は、起業にまつわるこの2つワードの違いを理解して、使い分けておきたいですよね!

そこで今回は、「起業家」と「経営者」の違いについて解説していきます。

「起業家」と「経営者」の違いとは?

よく耳にしたり、目に触れたりすることのある「起業家」と「経営者」の2つの言葉。
普段、ニュース記事や新聞などでもよく耳にしていますが、定義について深く理解している人はそこまで多くはありません。
しかし、今後起業を検討している方にとっては、起業関連ワードを厳密に理解しておいたほうが、目上の人や起業経験者と対峙した際に「この人、言葉の意味をあまり理解していないな」と悪い印象を与えずに済みます。

そこで今回は、「起業家」と「経営者」の違いとは?について解説していきます。

「起業家」の定義

起業家とは、自らの手で1から事業を興す人を指しています。
特に、スタートアップ企業やベンチャー企業を開業した人を指すことが多くなっています。
昨今では、起業家のことを「アントレプレナー(英語で起業家を意味する”entrepreneur”が由来)」と呼ばれることも増えてきました。
起業家の定義の特徴としては、1から事業を興す人であり、事業開発のフェーズでいうと「0→1」のフェーズにあたることを行っている方を指しています。
そのため、ベンチャー企業のような小さな会社でも経営ポジションを譲渡してもらった場合や、FCなどの代理店事業の場合は、「起業家」には当てはまりません。

「経営者」の定義

経営者とは、企業を経営し、企業の中でも意思決定の最高責任者のポジションである人を指しています。
企業によっては、経営や意思決定を複数人で行っている場合もあるので、その際は「共同経営者」という呼び方をすることもあります。
起業家と違い、経営者は事業開発フェーズのうち、どのフェーズにいても、企業を経営していれば「経営者」に当てはまります。
なので、起業規模が大きければ大きいほど、経営者が1人でないことが多いのが特徴です。

また、経営権は別の人に依頼し、経営の権利(いわゆるオーナー)を持っているだけの人も「経営者」に当てはまります。
一方で、個人事業主やフリーランスなどの企業を持たないで、個人で活動している人は「経営者」には当てはまりません。

その他にも、似ているようで異なる言葉である「事業家」は、事業を拡大するための計画をし、遂行していく人を指しています。
これは、事業開発フェーズでいうと、1→10の役割を担い、事業を巧みに行う能力の高い人のことを指します。

また、「実業家」は、実業=生産、流通、販売などの過程において事業を行う人を指します。
事業家よりも事業領域が限定的であることが特徴です。これらのワードは、普段のビジネスシーンのみならず、新聞や本などでも多く目にする機会があると思います。

似て非なるワードである「起業家」と「経営者」。
そしてこれら2つほど目には触れにくいですが、よく聞くワードである「事業家」「実業家」の言葉の違いもあわせてよく理解しておきましょう。

まとめ

今回は、「起業家」と「経営者」の違いとは?について解説していきました。いかがでしたでしょうか。
よく似ているワードである「起業家」と「経営者」の違いが理解できましたでしょうか。
これら2つのワードを使い分けて、起業に詳しい人にも対等にお話ができる人へと成長していきましょう!

足場工事作業員のイラスト

アイデアや資金がなくてもOK!
起業して成功したいという「やる気」さえあれば、
当社があなたの起業を徹底サポート致します!!

自分のアイデアを起業して形にしたい!
起業して社会を変えてみたい!

と思っていませんか?
そんなあなたに当社が下記のサポートを無償で致します!

  1. 起業に必要な資本金、運転資金の援助
  2. あなたの会社のビジネルモデル、経営計画の作成をサポート
  3. 各分野で活躍する当社関連会社からのサポート、税理士など各種専門家の紹介

当社の支援を受けて
スムーズに起業できた人が増加中!

今すぐ問い合わせ