営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業をやっていて人間不信になったらどうすれば良いの?

多くの人と接する機会が多い営業職。
営業マンの中には対人関係に疲れてしまったり人間不信に陥りそうだと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、営業をやっていて人間不信になってしまったときにどうすればいいのかということと、人間不信の克服方法、人間不信にならないためにはどうしたらいいのかをご紹介します。

営業をやっていて人間不信になったらどうすれば良い?

営業職で多い悩みは、顧客も含めて会社内外の人との対人関係です。
いろいろな人と接することが多い営業。
対人関係で一度も悩んだことがないという人はいないのではないでしょうか。
中には対人ストレスのせいで人間不信に陥ってしまった人も少なくありません。

しかし営業は人との関わりが重要であり、避けることができない職種です。

では営業職をやっていて人間不信になったら、どうすればいいのでしょうか?

人と関わる環境から逃げたくなるかもしれませんが、まずは人間不信の克服が必要です。
人間不信になってしまったら、人と上手く話せなくなったり、自分に自信が持てなくなったり、営業マンとして致命的な問題となります。
人間不信を長引かせてしまうと、どんどん悪循環となってしまいます。
人間不信は早めに克服することが大切です。

人間不信の克服方法!営業職で人間不信にならないためには?

人間不信を克服するにはどのような方法があるのでしょうか。

ここからは人間不信の克服方法を、3つご紹介していきます。

冷静に考えを整理する

「人のことが信じられない」「人が怖い」と思った時は距離を取ってしまうのではなく、そう思ってしまったのはなぜか、一度立ち止まって冷静に考えてみましょう。
人間不信になってしまった原因を冷静に考えてみると、「なぜ相手にこんなことを言われたのか」「自分に反省すべき点はなかったか」などさまざまな考えが浮かんでくるでしょう。

自分の考えを整理するために紙に書き出すこともおすすめします。
取り留めのない考えを冷静に整理することができ、原因を受け止めることができれば人間不信から脱出できるかもしれません。

信頼できる人を見つける

人間不信に陥ってしまうと周りの人を信じることが出来なくなってしまいます。
あなたのためを思ってくれている人のアドバイスまで悪い方向に捉えてしまっているかもしれません。
ひとりで悩み続けるのではなく、勇気を出して先輩や上司、同僚など周りの人を頼ってみましょう。
信頼できる人を見つけることで安心して仕事と向き合うことができるようになるでしょう。

自分に自信を持つ

人間不信に陥ると自信も喪失してしまいます。
しかし、営業マンにとって自信は欠かせません。
自分のことを見つめ直し、自信を取り戻すように努めましょう。

「自信」は読んで字のごとく、「自分を信じること」です。
自分を信じることができる人は他人を信じることもできるようになりますし、自分を強く持つことができるので他人の一方的な感情をぶつけられても上手くかわせるようになります。

 

上記の人間不信の克服方法は普段から意識することで人間不信に陥らないための予防策にも繋がります。
ご紹介した3つのポイントは、常日頃から意識してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
営業をやっていて人間不信になってしまったときの克服方法をご紹介しました。
多くの人と関わることを避けられない営業職は、対人ストレスを非常に受けやすい職業です。
ご紹介した人間不信の克服方法を普段から意識すれば、人間不信の対策にもなります。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!