営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

「営業マン」を言い換えたほうが良い理由は?

企業の商品やサービスなどを紹介・提案し会社の売り上げを直接的に立てるという役割を担う営業職。
営業職には男性の方が多いことから「営業マン」とよく表現されますが、近年「営業マン」と言わず他の言い方に言い換えた方が良いと言われています。
その理由は何でしょうか。

そこで今回は「営業マン」を言い換えたほうが良い理由についてご説明したいと思います。

「営業マン」を言い換えたほうが良い理由

それではさっそく「営業マン」を別の表現に言い換えたほうが良い理由について見ていきましょう。
大きな理由として以下の2つが挙げられます。

「営業マン」を言い換えたほうが良い理由1:男女差別に捉えられる

昨今は男女平等が掲げられ、男女差別に対する見方が従来以上に非常に厳しくなってきています。
そのため、「営業マン」という言葉が男女差別であると捉えられるケースがあります。
「スチュワーデス」「看護婦」がわかりやすい例ですね。
「スチュワーデス」は「客室乗務員」「CA」、「看護婦」は「看護師」という呼び方が現在では一般的になっています。

確かにまだまだ営業職は男性が多い傾向にはあるものの、営業職として活躍する女性も数多くいらっしゃいます。
そのため、「営業マン」という呼び方は男性をイメージさせる表現であり男女平等社会において不適切なのでは、と言われることが増えてきたのです。

「営業マン」を言い換えたほうが良い理由2:ネガティブなイメージがある

営業職は自社の商品やサービスの魅力を顧客に伝え、顧客の課題解決などの提案をする職業。
しかし世間一般的には「営業マン」と聞くと「商品を売りつけられる」というネガティブなイメージを持っている人がかなり多い傾向にあります。
そのため「営業マン」と聞くだけで身構えてしまう人も多いのではないでしょうか。
素晴らしい商品・サービスの提案をするつもりでも、「営業マン」という言葉によってそうした壁を作られてしまうことが往々にしてあるのです。

では「営業マン」という言葉はどのように言い換えると良いのでしょうか?

「営業マン」を言い換えるなら

では「営業マン」という呼称はどのように言い換えるのが適切でしょうか。

言い換えの候補としては以下のようなものが挙げられます。

  • パートナー
  • 担当者
  • 販売スタッフ
  • 販売担当
  • PR担当
  • サービスマネージャー
  • セールススタッフ
  • プランナー
  • コーディネーター

直接的に「営業」という印象を受けない名称もありますが、商品やサービスの魅力をお客様に伝え、お客様の課題解決に寄り添うという概念はどの名称にも備わっていますね。
ぜひ「営業マン」を他の名称に言い換えて男女差別的なイメージや商品を売りつけられるという負のイメージを取り払い、契約率をアップさせていきましょう。

まとめ

今回は「営業マン」を言い換えたほうが良い理由についてご説明いたしました。
いかがでしたでしょうか。長く営業職を表す呼称として使われてきた「営業マン」という表現ですが、男女平等社会の実現に向けて世の中が変わってきており、「スチュワーデス」や「看護婦」という名称も変化している中なので今後は別の表現をする方が適切かもしれません。「パートナー」や「担当者」など別の言い換えも可能ですので、ぜひ参考にしてみてください。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!