営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業職から転職するならオススメの職種は?転職するコツは?

営業職から違う職種に転職したい。
しかし、なかなか転職に踏み切れていないという方、実はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、営業職から転職するならオススメの職種・転職するコツについてご紹介していきます。

営業職から転職するならオススメの職種は?

営業職になってはみたものの、向いてないから転職したいとよく耳にします。
しかし、営業職の自分には専門的なビジネススキルがないからといって、転職を諦めてしまってはもったいないです。

営業職で培うことができるコミュニケーション能力やトークスキルは、どの職種においても欠かせない能力なんです。

それでは、営業職から転職するのにオススメの職種を簡単な解説とあわせてご紹介いたします。

営業事務

外回りなど外勤業務が向いてないと思う人には営業事務がオススメです。
営業事務は、資料作成や電話応対など、営業職のサポートがメイン業務となります。
営業経験があるので営業マンの視点から使いやすさを考えた資料作成ができますし、営業職で身に付いたトークスキルは電話応対に活かせます。

企画

顧客と直接やりとりをする営業マンだからこそ、商品・サービス内容がより良くなるアイデアを思いつけることも。
営業していたからこそニーズにも気づきやすいですし、発想力がある人には企画職がオススメです。
営業職で培ったプレゼンテーション力も提案時に活かすことができます。

人事

社内の人材を管理する人事。
殆どの部署・社員と関わるので、コミュニケーション能力を活かすことができます。
また、採用業務も人事にとって大切な業務です。
採用面接においても、コミュニケーション能力とトークスキルを活かすことができます。

転職するコツは?転職を成功させたい人必見!

未経験者歓迎と謳う求人でも、実際には未経験である違う職種への転職は簡単ではありません。
転職を成功させるためには、コツを押さえておくことが大切です。

ここからは、転職するコツについてご紹介していきます。

前向きな転職であることをアピール

前職を辞めることを決めた理由は転職時にほぼ必ずと言っていいほど聞かれます。
営業職といっても業務内容は業界によって違いますし、労働環境もその企業によって変わってきます。
そのため転職理由は人それぞれ。
マイナスなイメージを持たれないよう前職をめる理由を答えられるようにしておくことがポイントです。

営業職から他職種へ転職を決めた理由

経験のある営業職ではなく、経験のない他職種を希望する場合、なぜそう決めたのかという志望理由も必要です。
志望する会社において営業職で培ったスキルが活かせる点を見つけておきましょう。

即戦力となるアピールポイント

転職では即戦力が求められます。
営業職で培った経験・能力がどのようなもので、即戦力としてどう活かせるのかをしっかり考えておきましょう。

転職では主に学歴を見る就職活動とは違って、前職でしてきた業務や培ったビジネススキルなどが問われます。
特別なビジネススキルがなかったとしても、自分自身をアピールする転職活動において、営業職の経験値が有利になることは間違いありませんので、自信を持って臨みましょう。

まとめ

職種の中では営業職は代表的な存在ですが、ほかにも職種はいろいろあります。
営業職から転職したい方は、まず現状の不満点・不安要因をしっかり考えることが大切です。
そうすれば、自分により合った職種に転職できる近道になります。

足場工事作業員のイラスト

1,000人の経営者が認めた営業代行
月額固定費0円の完全成果報酬型で
御社の営業代行を致します!

今よりもっと売上を上げたい!
無駄な営業コストは無くしたい!

と思っていませんか?

  1. 余計な営業コストを全て削減できる完全成果報酬型
  2. 御社の業界を知り尽くした専門チームが新規開拓を代行
  3. 御社と定める商談条件を満たした高品質アポイントのみご提供

翌月から売上がUPする企業様が増加中!

今すぐ詳細を見る