営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

電話・テレアポ営業とメール営業どっちが効率的?

電話・テレアポ営業とメール営業それぞれメリット・デメリットがあります。
また法律による規制がありうっかり知らないと大変なことになってしまいます。

そこで今回は、電話・テレアポ営業とメール営業とでどちらが効率的かを考え、注意点を探っていきたいと思います。

 

電話・テレアポ営業とメール営業のそれぞれのメリットとデメリットとは?

まずは電話・テレアポ営業とメール営業のそれぞれのメリット、デメリットを見ていきましょう。

電話・テレアポ営業のメリット

いくらネット社会になったとはいえ、パソコンやスマートフォンを持っていない方もいます。
固定電話はあるので電話は受けられるが、いまいちメールはやり方がわからない…という高齢者の方は大勢いらっしゃいます。
アナログな手法とはなりますが、やはりテレアポが有効な見込み客発掘の手段と言えるでしょう。

電話・テレアポ営業のデメリット

電話をかけるのにはそれなりに勇気と自信が必要です。
対面ではないので信用を得られにくかったり、テレアポリストを作成する必要がなどもあります。
声だけの対応なので、対面の時より荒っぽく断られることが多かったり(初対面の人に怒鳴るなど、対面では普通されない事をされる)、テレアポ営業に異常なまでの拒否反応を起こす人もいます。

メール営業のメリット

メール営業はテキストであるため、文章を上手く書くことができれば相手の理解を得やすいです。
多くの人は営業電話を受けている時にメモをとったりしませんから、テキストに残るメールで訴求したほうが理解度は高いでしょう。

また、メールは記憶・記録に残りやすい情報の伝達手段です。テキストとして相手の手元に残るということは、読み返したいときや必要となった時に思い出してもらえるなど有利に働きます。
あなたが売り込もうとしている商品がその時は必要なくても、あとから必要となることも考えられるからです。

さらにメール営業の場合は「担当者に直接」アピールすることができます。メールのテンプレートの文章ができてしまえば、あとはコピペして貼り付けていくだけで、ひとつひとつ電話をかけていく営業に比べて非常に効率も良いです。

メール営業のデメリット

メール営業は送ったら反応を待つしかなく、反応がない場合に「なぜ反応がないのか」を検証する手立てがありません。
1日にたくさん営業メールを受信している会社は、メール営業を敬遠することもあります。
さらに「メルマガが多すぎて開封すらしない」という方も増えています。

そのため、メルマガではなくLINEを使って営業を行う企業も出てきました。
しかし、LINEは既存客やすでに関心を持っている相手への販促には最適ですが、新規顧客の発掘には向いていないというデメリットもあります。

電話・テレアポ営業とメール営業どちらが効率的?

電話・テレアポ営業もメール営業も一長一短であるため、活用する場所やタイミングを選ぶことが重要です。
新規獲得には、異業種交流会や展示会、勉強会、飲み会やパーティーなどのイベントや魅力的なホームページ作りやYouTubeなどの動画コンテンツ、TwitterやFacebookなどのSNSを利用した営業も効率的なので、そういった場に行き、顔を売った後で電話営業やメール営業を行うのも手です。最近ではコワーキングスペースなどで新しく事業を始めるパートナーを見つけることができます。
そうした場で名刺交換やメールアドレスを得ることができたら、セカンドアクションにはメール営業が、そこからアポが取れれば電話による営業が効率的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
電話・テレアポ営業はパソコンやスマホが苦手な高齢者などにも使える反面、心理的コストが非常に高いです。
もちろんメール営業にもメリット・デメリットがあります。メール営業はテンプレで使い回しができるので、文章として記憶に残り、その瞬間でなくてもあとか見返すことができます。そもそも開封されなかったりすることもあります。
どちらが効率的かどうかは商材や活用するタイミングによるでしょう。異業種交流会や魅力的なホームページ作りなども効果的です。

足場工事作業員のイラスト

1,000人の経営者が認めた営業代行
月額固定費0円の完全成果報酬型で
御社の営業代行を致します!

今よりもっと売上を上げたい!
無駄な営業コストは無くしたい!

と思っていませんか?

  1. 余計な営業コストを全て削減できる完全成果報酬型
  2. 御社の業界を知り尽くした専門チームが新規開拓を代行
  3. 御社と定める商談条件を満たした高品質アポイントのみご提供

翌月から売上がUPする企業様が増加中!

今すぐ詳細を見る