営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンが年収600万を稼ぐにはどうすればいい?

営業マン=年収が高いというイメージを持ちやすいですが、実際営業マンとして働いてみると「思ったほど稼げない」や「給与以上に頑張っているのに、昇給しない」などと思ってしまうことはありませんか?
一般的に営業マンの平均年収は480万~560万円と言われており、600万円以上あれば、年収も高く、将来生きていくのに困らないと感じる方が多くいます。
平均年収からすると、営業マンが年収600万を稼ぐことへのハードルの高さが感じられますよね。

そこで今回は、営業マンが年収600万を稼ぐにはどうすればいい?と題して、その方法についてご紹介いたします。

営業マンが年収600万を稼ぐにはどうすればいい?

営業マンの平均年収は480万~560万円と言われている中、営業マンが年収600万円を稼ぐにはどうしたらよいのでしょうか?

今回は営業マンが年収600万円を稼ぐ方法について3つ紹介していきます。

連続目標達成や営業成績連続トップなどを通じて、評価を上げる

営業マンには、基本的には営業目標が定められているケースがほとんどです。
ただ単純に目標達成するだけでなく、連続で達成し続けたり、社内での営業成績のトップを取り続けたりすることで、社内の誰もが認めるトップ営業マンとして評価されます。
平均年収は600万円に満たないと言われていますが、あくまでも平均なので600万円以上もらっている営業マンもいます。
そのような営業マンは蓋をあけてみると、トップ営業マンが多数存在しています。
1度だけ輝かしい成績を収めるだけでなく、連続で収めるにはどのように行動すべきか考えてみるとよいでしょう。

副業をして合計年収を600万円以上にする

近年、働き方改革によって残業抑制に伴って長時間労働ができずに、営業成績を上げていくことの効率化を求められるようになりました。
もちろん、効率よく成績を上げることも必要ですが、社内環境やシステム的に難しい場合もありますよね。
その場合は、副業をして、合計年収を600万円にするようにしてみましょう。
副業の内容にもよりますが、営業代行の1契約取得で数十万を稼ぐことも充分に可能です。
もちろん、年収に目がいくあまりに本業をおろそかにするのはNGですが、副業を通じて無理のない範囲で年収を上げることは可能です。

平均年収が高い業界へ転職する

営業マンといっても、業界によって平均年収は大きく異なります。
一般的に平均年収が高い業界としては、医療系営業職・海外系営業職・不動産系営業職です。
なぜこれら3つの営業職が平均年収が高いのかについては、次の理由があるためです。

  • 医療系営業職:高額な医療機器を扱っており、歩合が多くもらいやすい上、医療知識が求められるため難易度が高い営業職のため
  • 海外系営業職:ビジネスレベルの語学力が求められるため
  • 不動産系営業職:賃貸ではなく購入向けの場合、単価が高い上に歩合が多いため

ただ、転職は働きながら志望動機を作ったり面接を行ったりなど、想像以上に労力がかかります。
そのため、まずは現在の会社で勤めながら年収を高める方法をチャレンジしていきましょう。
その上で、どうしても年収を上げることが難しい場合に、これまでの営業力を武器として、平均年収が高い業界へ転職する決断をしていきましょう。

まとめ

今回は、営業マンが年収600万を稼ぐにはどうすればいいか、その方法についてご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか。
年収600万円を稼ぐ方法は複数ありますが、まずは自社に勤めながらできることを模索していきましょう。
その上で「年収がやっぱり上がらない」「労力と給与が見合わない」と感じた際は、平均年収が高い業界へ転職して年収600万円を目指していきましょう。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!