営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンが本当に取り組むべき勉強とは?営業に必要な勉強と方法について

営業マンとして働いている中で「もっと営業力を身につけたい」「顧客と対等に話せるようになりたい」など、営業スキルを伸ばしていくための勉強をしたいと考えている方は多いのではないでしょうか?
とはいえ、日々忙しない営業活動の傍らで勉強をする必要があるため、効率的に勉強を進めていきたいですよね。

そこで今回は、営業マンが本当に取り組むべき勉強をテーマに、営業に必要な勉強と方法について解説していきます。

営業マンが本当に取り組むべき勉強とは

営業マンとして独り立ちすると、先輩の営業姿を見る機会が減ってしまい、自身の営業スキルの伸び悩みを感じやすくなります。
そんな営業マンが本当に取り組むべき勉強には、まずはどのような意識が必要なのでしょうか。
それは、アウトプットを前提に営業活動に取り組むことです。

営業マンに必要なスキルは、暗記で習得できるものではありません。
日々の営業活動の中でどうアウトプットすれば、商談がスムーズにいくか、顧客のニーズを拾えるかなどを考えていくため、一筋縄ではいきません。
商談を重ねながらアウトプットの質を高めていくことで必然的にスキルが磨かれます。

営業に必要な勉強と方法について

営業マンにとってアウトプットが大切だと学んだところで、実際にはどのように取り組むべきなのでしょうか?
取り組むべき勉強と方法は、次の3STEPのとおりです。

STEP1:社内にある営業ノウハウや成功事例を学ぶ

営業マンといっても、やはり会社によって売る商品も違えば、顧客も違います。
勉強の第一歩として、最初はどうしても営業本などに手を出しがちですが、灯台下暗しです。
まずは、社内にあるノウハウや事例を真似することから始めましょう。
社内にあるノウハウや事例は、顧客特性や商品の売りのポイントやクロージングポイントについて詳細に書かれていることが多いです。
これだけたくさんの営業スキルが詰まったものを応用しない手はありません。

STEP2:分からないことは能力の高い人に聞く

営業経験を積んでいくと、「分からないことが恥ずかしい」と思い、素直に人に聞きに行くことが億劫になりがちです。
しかし、できる人ほど分からないことはそのままにせず、人に聞きにいきます。
また、聞く人も聞きやすい人ではなく、能力の高い人を選びましょう。
そうすることで、聞きたかったこと以上のノウハウが聞ける可能性があります。

STEP3:STEP1&2で学んだことを営業現場でアウトプットする

①②で紹介した勉強方法は、知識を吸収する「インプット」であり、インプットした知識を営業現場で使うことが「アウトプット」です。
これまでに得た知識を営業現場でアウトプットすることで、確実に自分の知識としていきます。
インプットした知識をそのまま活かすだけではうまくいかないことがほとんどなので、営業現場に合わせてどのようにアウトプットしていく必要があるかについても考えることも勉強の1つです。

まとめ

今回は、営業マンが本当に取り組むべき勉強をテーマに営業に必要な勉強と方法について解説していきました。
いかがでしたでしょうか?
営業に本当に必要な勉強は至ってシンプルではありますが、習得するには営業現場で何度もアウトプットの経験を積むことが必要です。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!