営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンが簿記の知識を持っておくメリット3選

経理・財務担当にだけ必要があると思われがちな簿記。
実は、営業マンの持っておきたい知識・スキルのひとつなんです。

そこで今回は、簿記の資格についての紹介と、営業マンが簿記の知識を持っておくメリットをまとめてみました。

そもそも簿記とは

簿記と聞くと数字や計算といった漠然としたイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

まず、そもそも簿記とはどんなものなのかをご紹介します。
簿記とは、業種・業態関係なく企業の経営活動を記録し、計算し、財政状態・経営状態を明らかにする技術です。
シンプルに言えば、企業の会計知識が学べる資格です。

会計知識と言うと経理事務の方向けの専門スキルかと思われがちですが、ビジネスマンならもっておきたいコスト感覚を身につけることができるので、全てのビジネスマンにおすすめのスキルと言えます。

営業マンが簿記の知識を持っておくメリット3選

では、簿記の知識は営業マンにいったいどのようなメリットをもたらすのでしょうか?
実は、簿記は営業マンの方にもぜひ持っておいていただきたいスキルのひとつです。

営業マンが簿記の知識を持っておくメリットは、3点ほどあります。

  1. 会社の財政状態・経営状態がわかる
  2. 商談の説得力が増す
  3. 自身の成長に繋がる

ここからは、順番に詳しくご紹介していきます。

営業マンが簿記の知識を持っておくメリット①会社の財政状態・経営状態がわかる

財政状態・経営状態がわかるというのは、自社のことだけでなく、他社のこともわかるようになるのが大きなメリットなんです。
どういうことかというと、顧客の企業の決算書や財政状態がわかることで、的確な商品・サービスを売り込むことができるようになります。
そして、相手の会社の状態を分析したうえで、状態に合わせた適切なアドバイス・セールストークができるようになります。
商談前には、取引先の会社がどのような状態であるのか把握しておくことをおすすめします。

営業マンが簿記の知識を持っておくメリット②商談の説得力が増す

営業マンが商談をする際、最も重要な場面となるのは価格を提示するときです。
ただ価格を伝えるだけでなく、この価格で買うことでどれだけのコスト削減ができるのかといった数字を出したときに、資格も知識もない人が受け売りでいう言葉よりも強い説得力をもちます。
また、資格を持っているというだけで、顧客からの信頼を得やすくなるのもポイントです。
営業に欠かせない信頼関係が築きやすくなるのも大きなメリットとなるでしょう。

営業マンが簿記の知識を持っておくメリット③自身の成長に繋がる

営業マンは、常にスキルアップが求められます。
いくら営業成績の良い営業マンでも、現状維持のままでは取り残されてしまいます。
知識を絶えず吸収したり、あらゆることに挑戦したり、努力を重ねて成長し続けなければなりません。
そのスキルアップのひとつに、会計の基礎ともいえる簿記の勉強は大きな成長に繋がります。
簿記の資格取得を奨励している企業も多くあります。
自身の今後のキャリアのためにも、簿記でのスキルアップは欠かせないといってもいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
簿記とはどんな資格なのかということと、営業マンが簿記の知識を持っていたときに得られるメリットをご紹介しました。
簿記は、営業マンの方にもぜひ持っておいていただきたいスキルのひとつです。
参考にしてみてくださいね。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!