営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンに必要な3つの心得とは?トップ営業マンになるための必要な考え方

まわりの人たちと比較して、ずば抜けて優秀な成績を出し続けるトップ営業マン。
業界は違えど、結果を出しているトップ営業マンには共通点があります。
トップ営業マンと聞けばある一部の才能がある人間だけだ、と感じられるかもしれませんが、考え方を身に付け、行動すれば誰でもトップ営業マンになることが出来ます。

そこで今回は、トップ営業マンになるための必要な考え方を3つを紹介します。

営業マンに必要な心得1:「どうしたらお客様が喜んでくれるか」を常に優先的に考える

営業マンで大変なことはやはり「ノルマを達成すること」です。
しかし、あまり数字を意識しすぎるとお客様にも「自分の数字の為に売ろうとしている」と感じさせてしまいます。

トップ営業マンが常に優秀な成績をキープしているのは、お客様のことを第一に考え、お客様に一番合った商品を提案しているから。
第一に考える事で商品の勉強にも力が入りより知識が深まりますし、どうやったらお客様にこの良さを伝えられるか?とたくさん提案の練習をすることでセールストークにも磨きがかかります。

その結果、お客様とのニーズが合致して成約に至るのです。それに加えてお客様は「担当者が自分のことを考えて提案してくれている」と感じられることで信頼関係ができ、継続して取引してくれるようになります。
ノルマが達成できずしんどいときも、お客様のことを第一に考え行動することが重要です。
この意識が次の成約に繋がります。

営業マンに必要な心得2:自主的に行動する

上司から言われたことだけをやるセールスは、トップ営業マンとは言えません。
どの項目も自分の予算以上に数字を上げ、他者と比べてずば抜けた成績を出し続けている人がトップ営業マンと言えます。

例えば、商品の内容も会社から得られる情報だけでなく、雑誌やSNSなど様々なところから情報収集することで商品知識が深まります。

受け身の姿勢にならないように気を付けましょう。
常に高みを目指し、上司から指示を受けずとも自分から行動できる人間が成長し、数字を達成できるようになります。

営業マンに必要な心得3:できている人の行動をよく観察し真似る

数字ができている人のマネをすることが一番早く成長できる方法です。
知識や経験があまりない状態で考えても問題を解決できない時があります。
できている人にどうやってやっているのかと質問したり、できている人の話し方、行動のスケジュール、考え方を真似することが大切です。

これを継続することで「どういう人が成功するのか」「どういうやり方が成約につながるのか」といったことが徐々に自分の中で自然と見えてくるようになります。
また必要なところは残してこれはいらない、と思ったことは手放していくうちに自分の営業スタイルが確立していき営業のコツも掴めてくると思います。

まとめ

営業マンに必要な3つの心得とは?トップ営業マンになるための必要な考え方を紹介しました。いかがでしたでしょうか。
お客様のことを第一に考え、自主的に行動し、またできているセールスマンの真似をして自分の行動を改善していくこと、これらを継続することで成果を出し続けるトップ営業マンへと確実に近づきます。ぜひ明日からの営業に役立ててみてください。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!