営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

成績が悪い営業マンはクビになるの?営業マンがクビになる3つの原因

営業マンたるもの、成果をあげることが非常に重要となってきます。
それを目標に頑張ることが営業マンの仕事でもあります。
しかし、それでもなかなか成果が出すことができない、成績に繋がらないという人も少なからずいることでしょう。
そういった営業マンは会社に貢献できていないからということでクビにされてしまうのでしょうか。

そこで今回は成績が悪い営業マンはクビになるのか、営業マンがクビになる3つの原因とあわせてご紹介いたします。

成績が悪い営業マンはクビになるの?

結論から申し上げると、営業成績が悪いからといってそう簡単にはクビになりません。
雇用されている側は労働者の権利として法律できちんと守られているのです。
会社の都合で一方的に解雇するというのはそう簡単なことではありません。
よっぽどな理由がない限りクビにはならないと考えても大丈夫そうです。

会社の都合で社員を解雇するケースはあります。
しかし、いきなり解雇することはありません。
何らかの指導を行ったり、相談を持ちかけたりと動きがあります。
その後やむなしでという形での解雇はあるかもしれません。
つまり、営業成績が悪くても、努力して改善しようというやる気があれば、それを理由に解雇されることはまずないというわけです。
うまくいかないことは誰にだってあること。
今すぐ解雇されるということはないので安心してくださいね。

営業マンがクビになる3つの原因

上記にも少し述べましたが、すぐにとはいわずとも会社が営業マンをクビにするケースはあります。
どういったケースなのか確認していきましょう。

リストラ

会社の経営状況が悪くなり、役員階級の報酬を引き下げたり、希望退職を募ったりと経営努力をしてもなかなか好転しない場合です。
会社の存続のために解雇されてしまう、いわゆるリストラというものです。
避けようのなさそうなことに思えますが、営業成績を改善しようと社員が努力していれば免れたことかもしれないので、不安を覚えた人は今一度働き方を考え直すと良いかもしれません。

職務怠慢

該当社員が就業規則を何度も破ったり、再三忠告をされていたにも関わらず、改善が見られないといった場合です。
職務に全うせず怠惰な態度の社員を雇用し続けることでその影響が周りにも出てしまうこともありえます。
そうなってしまっては会社にとっては損害に繋がってしまう可能性すら出てきます。
そうなる前に該当社員に解雇を通告するということはあります。

適性の不一致

営業職ではなく、内勤や人事、経理など他の業務の方が合っている可能性を見出されることもあります。
その場合、クビではなく配属を変えられるということが起こりうるのです。
営業職としての立場は失いますが上記2つと異なり、会社から立ち退くわけではないので、まだ聞こえが良いかもしれませんね。
しかし、もちろん新しい環境で邁進していく姿勢が見られるかどうかは大事ですので、ぜひ努力していきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は成績が悪い営業マンはクビになるのか、またクビになる原因は何なのかということについてご紹介しました。
クビになるとしてもいきなりということはほとんどありません。
みなさんが営業マンとしての職務に励めば結果としてクビは免れることがほとんどです。
先にも述べた通り、今一度ご自身の働き方を見つめ直して、会社に貢献していけるようにしましょう。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!