営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業が苦痛な人は必見!営業が苦痛ではなくなる4つのコツ

営業マンといえば、きついというイメージがつきもの。
実際に、営業が苦痛だと感じている営業マンはとても多いんです。
なので営業マンにぜひ覚えておいていただきたいのは、営業が苦痛ではなくなるコツ。

そこで今回は、営業が苦痛な人のために、営業が苦痛ではなくなるコツをまとめてみました。

営業が苦痛な人は必見!営業が苦痛ではなくなる4つのコツ

肉体的にも精神的にもきついと言われている営業マン。
営業職は、飛び込み訪問・テレアポなどの営業活動や、残業、休日出勤、ノルマ、人間関係など、苦痛に感じる要素がたくさんあるからです。
なので「営業マンになったものの営業が苦痛」と悩んでいる方は、実はとても多くいます。

そこで営業が苦痛だと感じる営業マンに知っておいていただきたいのは、営業職を辞めるという選択を取る前に、まず苦痛を軽減することです。
苦痛を軽減すれば、仕事に対するモチベーションを上げることができます。
ではここからは、営業が苦痛だとお悩みの営業マン向けに、営業が苦痛ではなくなるコツを4つご紹介していきます。

営業が苦痛ではなくなるコツ1:トークスキルを積む

商談のなかでも重要なトーク力は、営業マンにとって欠かせないスキルのひとつ。
商談の成功率を上げるにはトーク力を磨くこと、つまりトーク経験を積むことが大切です。
また商談では、セールストークはもちろん、雑談のトークスキルも活きてきます。
あらゆる分野の知識・最新情報をインプットして、話の引き出しを増やしておくのもおすすめです。

営業が苦痛ではなくなるコツ2:営業ノウハウを学ぶ

営業ノルマや売らなくてはいけないとプレッシャーが苦痛に感じる原因である営業マンは少なくありません。
成約率を上げるためには、できる営業マンの営業ノウハウをきちんと学ぶことが成長の近道です。
わざわざセミナーを受けるのは億劫だという方でも、最近は自宅にいてもオンラインで受けれるセミナーが増えてきています。
数多くのセミナーがあるので、一度調べてみることをおすすめします。

営業が苦痛ではなくなるコツ3:先輩社員にアドバイスをもらう

ひとり立ちした営業マンが、先輩社員に営業活動や商談の様子を見てもらう機会はあまりありません。
なのでアドバイスをもらう機会も多くないでしょう。
しかし、先輩社員に現状の営業スタイルを見てもらうことで、営業活動や商談での課題・改善点を知ることができます。
とくに商談についての課題においては自分自身ではなかなか気づくことができないので、先輩社員にアドバイスをもらうといいでしょう。

営業が苦痛ではなくなるコツ4:円滑な人間関係を築く

営業が苦痛だと感じる理由のひとつに、人間関係によるストレスがあります。
人間関係のストレスを軽減するには、円滑な人間関係を築くことです。
自分から積極的にコミュニケーションを取り、信頼関係を構築しましょう。
良好な人間関係が保てれば、安定した精神状態も保てます。
プレッシャーなど精神的なストレスを感じにくくなるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は営業が苦痛な人のために、営業が苦痛ではなくなるコツを4つご紹介しました。
苦痛と感じる原因が軽減できれば、モチベーションも上がり、成約率も上げることができます。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!