営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業向いていないなら転職すべき?営業からの転職のメリット、デメリットを紹介

営業職として働いている方の中で「私、営業に向いていないな~」「営業はしんどいからもう一生やりたくない!」と思っている人も多いのではないでしょうか。
仕事をしていく中でうまくいかないと、このように決めつけてしまいがちですよね。

そこで今回は営業から他の職種に転職した場合のメリットとデメリットをご紹介いたします。営業職から異職種へ転職を考えている方はぜひ読み進めてみてください。

営業向いていないなら転職すべき?営業を辞めて他の仕事にチャレンジできる?

昨今どこも人材不足であるとはいえ、全くの未経験で採用してくれる会社はごく少ないです。
第二新卒と呼ばれる25歳までの若手層であれば未経験での異職種転職はしやすいものの、社会人経験を重ねるに連れて異職種へのチャレンジのハードルは上がってきます。
これから転職をしたいと考えている方にとっては耳が痛い話ではありますが、現実的にはそうなのです。

では、その転職リスクを踏まえた上で改めて「営業じゃない仕事がしたい」と思っても諦めるしかないのでしょうか?
その結論は「NO」であります。
実は考え方を少し変えてみることがポイントです。

「営業じゃない仕事をしたい」ではなく、「長年の営業経験を活かしてチャレンジしたい」とポジティブに変換してみましょう!
営業をやってきた経験を活かすことができる仕事であれば転職で有利に働くでしょう。

例えば、営業時代に関わったクライアントが製造業だった場合、モノの流通の仕組みや売れる過程を知っているからこそ、製造メーカー会社で企画やマーケティングにチャレンジすることもできます。

営業から異職種への転職のメリット!

営業から他の仕事へ転職するメリットとしては主に下記の2つが挙げられます。

  1. ワークライフバランスを保てる
  2. 結果ではない、仕事の過程を踏まえた評価をしてもらえる

営業職はどうしても顧客ありきの仕事なため、アポの時間や資料作成など顧客に合わせることが強く求められます。
自分の時間や家族の時間を犠牲にしたくない場合、事務職や営業アシスタント職などに転職することで、残業が少なく、かつ休みもとりやすい環境を手にすることができます。

また、営業の人事評価は営業成績となることが多く、仕事のプロセスは重視されない傾向にあります。
一方で、他の職種ですと自身が取り組んだ仕事内容をベースに評価が決まります。結果ではなくプロセスを評価してもらいたい方には大きなメリットといえるでしょう。

営業から異職種への転職のデメリット!

営業から他の仕事へ転職するデメリットとしては主に下記の2つが挙げられます。

  1. 年収が下がる可能性
  2. 年下の先輩など社内の立ち位置が複雑化

営業は、会社の売上を担う重要な仕事です。
そのため、年収は他の職種と比較すると高いケースがほとんどです。
また、未経験としての採用になることを踏まえると年収がダウンする、良くても年収維持が限界です。
年収をアップさせたい人にとっては転職することでデメリットがかなり大きいといえます。

仮に転職をすると、年下の先輩から仕事を教えてもらうことになるため、仕事がやりづらいと感じたり、無意識にストレスを抱えたりすることも増えるので、こういったデメリットも転職前に理解しておく必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
とにかく転職したい!と思っても、実際に行動に移す前にはメリットとデメリットを把握する必要があります。キャリアを考えるにあたって冷静に検討できるようになりますよね。
突発的に「営業なんかもうやりたくない!」と思ったときこそ、まずは自身がこれからどんな人材になりたいのか?どんなところで活躍できるのか?とブレークダウンして自分のキャリアを決めていきましょう!

足場工事作業員のイラスト

1,000人の経営者が認めた営業代行
月額固定費0円の完全成果報酬型で
御社の営業代行を致します!

今よりもっと売上を上げたい!
無駄な営業コストは無くしたい!

と思っていませんか?

  1. 余計な営業コストを全て削減できる完全成果報酬型
  2. 御社の業界を知り尽くした専門チームが新規開拓を代行
  3. 御社と定める商談条件を満たした高品質アポイントのみご提供

翌月から売上がUPする企業様が増加中!

今すぐ詳細を見る