営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンにオススメの冬コート4選!コーディネート事例も紹介

毎年必ず訪れる肌寒い冬。
スーツだけでは凍えてしまう時期もありますので、営業マンもコートを用意する必要があります。
プライベートで私服に合わせて使うコートと、ビジネスでスーツに合わせて使うコートは選び方もふさわしいデザインも異なるため、どのようなコートを選べばいいのか悩まれている方も多いのではないでしょうか?
選ぶからにはスーツに合わせつつ、大人のかっこいい着こなしができるコートを手に入れたいですよね!

そこで今回は、営業マンにオススメの冬コートとコーディネート事例をまとめてご紹介いたします!

営業マンにオススメの冬コート&コーディネート

それではさっそく営業マンにオススメの冬コートとコーディネートの事例を合わせてご紹介していきたいと思います。

営業マンにオススメの冬コート1:チェスターコート

チェスターコートはフォーマル感あるジャケットのようなデザインが特徴で、ビジネスシーンでも最も活躍していると言っても過言ではないコートです。
19世紀頃、イギリスのチェスターフィールド伯爵という方がはじめて着たとされており、それがチェスターコートの名前の由来となっています。
格式が高く、ネクタイやスラックスと合わせて使うコートとして人気です。

チェスターコートはノッチトカラーになっていて、胸に箱ポケット、両脇にフラップ付きポケットが付き、ウエストをやや絞ったようなシルエットです。
丈は長くても膝上あたり、ややジャケットよりも長い丈であるのが基本的なチェスターコートの長さです。
正式なものは表からボタン穴やボタンが見えないようにボタン留めの部分を二重に合わせた「比翼仕立て」であったり、襟の裏に「別布」をつけていたりします。

チェスターコートはシンプルなデザインが多いのでスーツコーデをはじめ、多様なコーディネートにフィットする万能さを持っているのが魅力です。

<チェスターコートの着こなし&コーディネート>

営業 冬 コート

グレーは冬の大人コーデによく似合うカラーで、グレーの濃淡によっても印象が変わります。
コートは面積が大きくその日のファッションの大部分を占めるので、ご自身の顔写りやスーツ、ネクタイ等の相性をみながら一番フィットしそうなグレーを選びましょう。

また、ネイビーもシャツやタートルネックなどと相性がいいのでオススメ。
中を明るい色にすれば重くなりがちな冬のコーディネートを爽やかな印象に持ち上げてくれます。

営業 冬 コート

キャメルのチェスターコートは黒で引き締めるのもカッコよく着こなせますが、グレーや茶系の同系色もおしゃれです♪

営業 冬 コート

参考:グローバルスタイル

営業マンにオススメの冬コート2:ステンカラーコート

ステンカラーコートとは、ステンカラー襟・フライフロント(ボタン留めの部分が表から見えないようにしたもの)を特徴とするコートのこと。
ステンカラーコートはスーツの発祥地であるイギリスがルーツと言われています。
バルカラーコートやバルマカーンコートとも呼ばれますのであわせて覚えておくといいでしょう。

ステンカラーコートはもともとラグラン袖のタイプが原型ですが、今ではラグラン袖以外のタイプのコートも多く、現代のメンズの冬ファッションに必要不可欠とも言えるコートの一つです。
ビジネスマンの定番でもあり、スーツに合わせるコートとして1着は持っておきたいですね。

トラディショナルなコートの代表格として幅広い年代に愛されるデザインですので、チェスターコートと一味違うコートが欲しい!という方のセカンドコートとしてもオススメです。

<ステンカラーコートの着こなし&コーディネート>

ステンカラーコートの着こなしのポイントはなんといっても「襟」です。
ステンカラーコートの襟型は前方が低く、直線的に折り返された形が大きな特徴です。
襟先のボタンを留めて襟を立て、防寒性を高めることも◎

営業 冬 コート

第一ボタンを開けても留めてもかっこよく着こなせます。

参考:スーツラボ

また、ステンカラーコートは細身のパンツを合わせてメリハリをつけると大人な着こなしになります♪

営業 冬 コート

参考:スーツスタイルMARUTOMI

営業マンにオススメの冬コート3:アルスターコート

アルスターコートは基本は深い打ち合いのダブル型のコートで、袖がターンナップになっており、バックベルトがついているのが特徴です。
丈は長く、膝下丈ほどの長さが一般的。
1860年代後半に登場したオーバーコートの典型的な形で防寒性も高く、非常にクラシックなコート型の一つです。

<アルスターコートの着こなし&コーディネート>

アルスターコートは現在のトレンチコートの原型とも言えるデザインで、背中部分についているバックベルトは、アルスターコートらしいエレガントな雰囲気を演出してくれます。
ダブルの前立てがあることでカチッとしたクラシックな印象を持たせてくれるのが魅力ですね。
どのようなスーツにも合わせやすく、着こなしはそう難しくありません。

営業 冬 コート

参考:SUITS INFORMATION.com

もともと北アイルランドのアルスター島の北東地方で作られたウールを使用し作られたことからアルスターコートと呼ばれており、寒い時に襟を立てることで防寒対策にもなりますよ。

上襟と下襟の幅が同等もしくは上襟が下襟(ラペル)より大きいという特徴もあり、独特な襟型なのですが、この襟型を好まれて着られている方も多いですね。

営業マンにオススメの冬コート4:トレンチコート

トレンチコートは、第一次世界大戦時にイギリスの陸軍が塹壕(トレンチ)戦で着用していた防水型のコートが起源とされています。
起源がミリタリーであるため肩のエポーレットや襟元のチンストラップ、ウェストベルト、防水加工のギャバジン素材などは軍隊で着ていた面影を今でも色濃く継承しています。
トレンチコートもイギリス発祥のコートですので、スーツスタイルとの相性もバッチリです。
また、戦争で使われていたこともあり、優れた耐久性、防水性、機能性も兼ね備えたコートです。

<トレンチコートの着こなし&コーディネート>

春コートのイメージが強いトレンチコートですが、中にインナーダウンを着込むなどすれば冬でもしっかり活躍してくれますよ。

営業 冬 コート

冬場でも気温が高い日はカットソーを合わせて抜け感のある着こなしに、逆に寒い日はタートルネックで防寒性を高めると◎。

トレンチコートといえばベージュが一般的なカラーですが、色が同じでもデザインやディテールによって印象が大きく変わりますので、ご自身のスーツスタイルにしっくりくるトレンチコートをぜひ見つけてみてくださいね。

営業 冬 コート

参考:サンヨースタイルマガジン

まとめ

今回は、営業マンにオススメの冬コートとコーディネート事例をまとめてご紹介いたしました!
いかがでしたでしょうか?
モッズ・ダッフル・ダウンコートなどは少しカジュアルになりすぎるためビジネスシーンには向きませんが、今回ご紹介したチェスターコート、スタンカラーコート、アルスターコート、トレンチコートはスーツスタイルとの相性がバッチリですよ。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!