営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンは接待スキルを磨くべき?接待のリアルな実態をご紹介!

営業マンであれば誰しもが経験することになる「接待」。
現代ではコロナ禍であることもあり、接待は減少傾向にはありますが、接待スキルは営業活動に大いに役立つスキルといえます。

そこで今回は、営業マンは接待スキルを磨くべき?と題して、リアルな接待の実態を紹介いたします。

営業マンは接待スキルを磨くべき?

そもそも接待とは、顧客をおもてなしすることを指します。
営業マンが接待をする理由は、単なるお酒やゴルフなどの娯楽を楽しむだけでなく、仕事以外の場面を共に過ごすことで心を開きやすくなり、相手のさらなる一面を知るためです。
日頃からお世話になっている顧客や、これから関係性をさらに築いていきたい顧客を中心に接待をすることで、顧客のことをより一層知れるので、今後の取引拡大につながる可能性が高くなります。
だからこそ、営業マンは接待スキルを磨いていくことで、顧客の心を開かせ、今後のビジネスチャンスにつながるような情報を引き出すことが大事になります。
そのために必要なスキルは「顧客を楽しませること」です。この接待スキルを磨くことで、顧客からの信頼度も増し、いろんな情報を聞き出せるようになります。

接待のリアルな実態とは

営業マンの接待といっても、方法は1通りだけではありません。
では、どんな種類があるのでしょうか?
それぞれの接待の特徴とともに、リアルな接待の実態を紹介していきます。

会食

接待の中で1番主流ともいえるのが、会食です。
就業後の夜の時間に、高級なレストランや個室で懐石料理が堪能できるお店で、お酒を交えて会食することが一般的。
短時間で相手の新たな一面を知ることが大きな特徴です。
会食では、お店のセッティングからお見送りまで、顧客が満足できるようにおもてなしをする必要があるので、下準備を念入りに行い、当日はお酒はほどほどに控えておきましょう。

ゴルフ

会食の次に主流な接待が、ゴルフです。
ゴルフは、紳士のスポーツとも言われており、お金に余裕のある方や、職位の高い方が多く嗜んでいるスポーツ。
ゴルフは半日以上の時間を共に過ごすので、顧客との距離を縮めやすいのが大きな特徴です。
ゴルフは、ゴルフクラブからウェアなど自前で用意するものも多くなります。
ただ、会社の先輩や身内にゴルフをやっている方がいれば、接待ゴルフの話題を持ちかけるとゴルフクラブをもらえる可能性もあります。

キャバクラ

社会情勢的に、近年は主流ではなくなりつつありますが、①会食の後の二次会として行われるのがキャバクラです。
お酒とともに女性を交えて会話をするため顧客もより一層楽しめる環境が整っています。
普段の商談では聞けないようなオフレコ話が聞ける可能性が高いのが特徴です。
接待キャバクラも、会食同様にお酒の飲みすぎには注意しつつ、顧客を引き立てられるように振る舞っていきましょう。

まとめ

今回は、営業マンは接待スキルを磨くべき?と題して、リアルな接待の実態を紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?
接待を通じて顧客を楽しませることで、関係性が深まり、今後のビジネスチャンスを掴むことにつながります。
準備が多く、負担になりがちな接待ですが、さらに大きな仕事ができるきっかけにもなるので、臆することなく、自分自身も楽しみながらやっていきましょう。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!