営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

取引先に信頼される営業の身だしなみのポイント4つ

営業職において、身だしなみはとても大事です。身だしなみや表情、声のトーンなどそういった外見の印象は、商談などその後の仕事に大きく関わってきます。身だしなみを整えるのは社会人のマナーです。
また、身だしなみは相手に対する誠意の表れでもあります。
良い印象を与えることが出来れば、信頼感も上がります。

そこで今回は、取引先に信頼される身だしなみのポイントを4つ紹介していきます。

身だしなみのポイント①清潔感

まず、相手を不快な気持ちにさせないことが大切な要素です。
高価な服を着ればいい、というわけではありません。
髪型から服装、匂いなど細かいところにも気を配る必要があります。

たとえばスーツやシャツにシワ・汚れは無いか、裾はほつれていないか、靴に泥はついていないかなどです。

また女性の場合、肩に鞄をかけているとその部分が擦れてしまうことがありますが、そういった小さな部分も印象を下げる要因の1つになることがありますので要注意です。

髪型については「清潔感」の観点でいうと、前髪が目にかかっていないか、お辞儀をしたときに髪の毛が落ちてこないか、髪色は明るすぎないか、といったことなどがあげられます。
出かける前には一度鏡の前に立って、全身を確認するようにしましょう。

身だしなみのポイント②TPO

動きやすさやTPOに配慮することも重要です。
動きにくい服装でいると仕事の妨げになり、周りに迷惑をかけてしまう可能性があります。
外回りが多い営業マンであれば歩きやすい靴や機能的なスーツを着用します。

食品を扱う方であれば髪の毛をまとめたり、イヤリングやピアスなどの装飾品は外します。

女性の場合、タイトすぎるスカートやミュールはNGです。
しゃがんだときに胸元が見えそうな服装も好ましくありません。
このようにTPOに合わせて身だしなみを整えることも大事な要素になります。

身だしなみのポイント③会社のイメージ

会社のイメージや職場に合わせることも大切です。
例えば落ち着いた服装を着ている人が多い中で、派手な服装をしていると1人だけ浮いてしまいます。
組織の中にいるのであれば、取引先とやりとりをしている自分が会社の代表となりますので自分の印象=会社の印象となります。
そのため、属している組織に合わせた服装が好ましいです。
身だしなみとおしゃれは異なりますので、自分の判断だけではなく客観的な判断をしましょう。

身だしなみのポイント④手入れ

これまで述べた要素を押さえるためには身だしなみグッズを揃える必要があります。
ビジネスマンにとって重要な「靴」のケアをするブラシやグローブ、消臭・抗菌効果のあるもの、スーツのほこりを落として整える洋服ブラシ、また外回りで汗をかいたときにすぐに拭けるようタオルやリフレッシュシートなどです。
自分の営業スタイルに合わせて身だしなみグッズを揃えましょう。

まとめ

取引先に信頼される営業の身だしなみのポイントを4つご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。
「清潔感」「TPO」「会社のイメージ」「手入れ」が身だしなみを整えるときに大事な要素です。
またそのためには身だしなみを整えるグッズも必要ですね。
今回ご紹介した3つの要素をもとに、明日からの営業で見だしなみについて気を付けて頂けたらと思います。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!