営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業は3年で辞めて転職すべき?その理由を解説

昨今は転職することへの偏見がなくなってきています。
しかし、職歴としてずっとつきまとうものでもあるので、そう簡単には辞めることもできないでしょう。
そんな中でも、営業職は3年で辞めて転職するべきとも言われています。
それはなぜなのでしょうか。

今回は実際に営業職を離れた人のリアルな声も併せてご紹介していきます。

営業は3年で辞めて転職すべき?

営業は3年で辞めて転職すべき。言い方を変えると「3年未満で辞めない方が良い」です。
3年働いてようやく仕事のルーティーンや向き不向きなどが見えてくるものです。
他にも、3年働くことで次なるステップにおいて有利になることが多いのです。

3年未満という短い期間で辞めてしまうと、「うちの会社もすぐに辞めてしまうのかな」と思われてしまいます。
また、3年勤めることで見えてくるものがたくさんあります。
「人と話すのが得意ではない」「ノルマに対する心の負荷がかなり辛い」など、営業職を離れる要因となるポイントが見えてくるのです。

また、中途で転職をする場合、何か働くうえでのスキルを求められるケースが非常に多いです。
営業職からの転職であれば、専門的な技術というよりも顧客折衝のスキルをアピールすることができます。
ゆえに営業職から他社営業職への転職であればスムーズにいく可能性が高いです。

先に挙げた、営業職は合わないから他の職種へとなると即戦力となり得るスキルを持ち合わせているかが非常に重要になってきます。
事務職に転職したいのであれば、エクセルなどの情報処理スキルは当然のように求められるでしょう。
別の職種に転職をしたい場合、何か特筆できることを持っているかどうかがポイントになるのです。

営業から転職した方のリアルな声

営業職は向いていないと感じ、別の職種に転職した方の実際の声を聞いてみましょう。
人事部に異動したという方は「営業をしていたおかげで人とのかかわり方のノウハウを身につけることができた」とのことで、現在は人の成長を手助けする研修運営の仕事をしています。
数字を生み出す仕事も達成感がありますが、やはり人づくりが1番楽しいのだそうです。

また、別の方は「キャリアを考えた時に別の職種に転職せざるを得なかった」そうで、営業職での実績や実務経験が大きなアドバンテージとなり、同じ業界の他部署にて勤務しています。
営業職は会社の全体像が良く見える職種なので、同じ業界での需要は大きいのかもしれませんね。
このように営業職での経験や培ったスキルが転職活動に良い影響を与えているというケースもあります。
転職をする際は、ここまでの社会人生活の中で得てきたスキルを考えることも大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。3年で辞めて転職すべきかどうかは、その人の事情にもよりますし、時と場合によりけりとしか言いようがありません。ノルマの壁のせいで心が今にも押しつぶされそうな人が、3年は勤めなきゃ…と踏ん張るのもおかしな話です。ただ、履歴書にどういった影響が出て、どのように転職活動に響いてくるのかということは念頭においてキャリアを考えるべきです。ぜひご自身のキャリアプランを考え直す際のヒントにしてみてくださいね。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!