営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンが成果を出すための効率的な情報収集の仕方を解説

営業マンとして成果を出すための要素に欠かせないものの1つとして「情報収集」があります。
営業マンに情報収集力が備わっていると、商談準備の質が格段に上がるだけでなく、顧客から色んな情報・知識を持ち合わせていると認識され、信頼関係を築きやすくなります。
しかし、この世の中には、正しい情報だけでなく誤っている情報も含めて散乱しているため、情報収集の仕方はどのように行うべきか疑問が浮かび上がります。

そこで今回は、営業マンが成果を出すための効率的な情報収集の仕方を解説していきます。

営業マンが成果を出すための効率的な情報収集の仕方を解説

情報過多の現代において、効率的に情報収集するにはどのような方法があるのでしょうか?
今回は、営業マンが成果を出せることを目的とした情報収集の仕方について解説していきます。

日本経済新聞

日本経済新聞は、ビジネスマンに多く好まれている新聞であり、経営者クラスの方であればほぼ全員が読んでいると言っても過言ではない新聞です。
ただ、新聞を読み慣れていない方にとっては、多少難しく感じることもあり、全てを読み切るのは物理的な時間の制約から難しいといえます。
そんなときは、日本経済新聞の電子版を用いて、興味のある記事に含まれそうな単語を登録しておきましょう。そうすることで、登録した単語を含む記事が赤枠に囲まれて表示され、優先的に読むべき記事がひと目で分かります。
すべての記事を闇雲に読むのではなく、まずは仕事に関係しそうな記事から読んでいき、効率的な情報収集を行いましょう。

Twitter

近年、SNSの発達がめざましく、新聞や雑誌など有料で情報を購入するのと同じくらいの質の高い情報が多く掲載されています。
その中でも、時事的な情報収集にぴったりなのは「Twitter」です。
日本経済新聞と同様に、興味のある記事に含まれそうな単語をフォローしておくことで、Twitterを開けば最新情報順に興味のある記事が表示されます。
常に最新の情報が手に入るので、情報収集力が必然的に身につけられます。

Facebook&Linkdin

FacebookとLinkdinに関しては、顧客個人の情報収集に適しています。
個人情報保護が叫ばれる現代ですが、FacebookとLinkdinは実名登録で行うSNSであり、人によっては全員公開でこれまでの経歴を公開している方もいます。
特に、初めて会う方は、どんな人物像かを事前に把握することで、話の展開の仕方から話し方に至るまでを商談準備としてどのような戦略で挑むかを考えることにつながり、商談の質が格段に上がります。
まるでエゴサーチかのようですが、営業マンは多くの情報を持っているに越したことはないので、できる範囲で顧客の人となりを掴んでおきましょう。

まとめ

今回は、営業マンが成果を出すための効率的な情報収集の仕方を解説していきました。いかがでしたでしょうか?
情報がありふれている現代において、情報収集の仕方に戸惑いを隠せない営業マンはたくさん存在しています。今回紹介した情報収集の仕方について、明日から1つでもいいのでぜひ取り入れてみてください!そうすることで、徐々に効率的な情報収集方法が身につき、営業マンとして成果を出せるようになってくるはずです。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!