営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンの具体的な仕事内容とは?どんな人が向いている?

「営業」と聞くと、「モノを押し売るイメージ」や「体育会系の人じゃないとできない仕事」という、特に女性にとっては少し敬遠されがちな印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

今回は、営業の仕事のリアルをご紹介し、営業職に向いている人についてもお伝えしていきます。少しでも営業にチャレンジしてみたい人や、仕事探し中の方はぜひ読んでみてください。

 

営業マンの具体的な仕事内容とは?どんな仕事をするの?

 

営業とは、「業を営む」と漢字の成り立ちから考えるに企業経営に欠かせない仕事といえます。
そんな営業の仕事を一言で表現するならば、「顧客開拓~契約~フォローまでの一環を担う仕事」です。

単なる「モノ売り」だけにとどまらず、契約後のフォローまでも営業の一部であることは少し驚いた方もいるかもしれません。
営業とは、実は「売って終わり」ではなく、お客様がどんな課題に直面していて、一緒に解決する手段を提供することが求められます。
すなわち、売るための「トーク力」より、顧客に寄り添うことのがはるかに大事なのです。

営業にも種類がいくつかあります!

営業の種類は、基本的にメインに対峙する顧客層や営業アプローチ手段によって分類されます。

今回は、メインの3種類についてご紹介します。

ルート営業(既存営業)

現在取引のある顧客に対しての営業です。顧客が抱える悩みや課題を自社サービスでどう解決していくか、思考力が求められる営業です。また取引が長い分、信頼関係を構築していくことも大切になってきます。
お客様と二人三脚で歩み、一緒に課題解決することにやりがいを感じる仕事です。

新規開拓営業

営業のプロセスの中でも、顧客開拓をメインに担います。開拓方法は、飛び込み(アポなしで会社へ営業をしにいく)や電話など方法は様々です。取引が始まるまでの過程に難易度がある営業です。
しかし、自分で開拓したお客様なので、会社としてではなく、営業自らの人柄を評価されることも多く、「自分ならでは」の仕事ができることが大きな仕事の喜びとなります。

内勤営業(電話営業)

営業=外回りのイメージが強いですが、社内で営業活動を行うのが内勤営業です。仕事内容は会社にもよりけりですが、営業のサポートとして電話でやりとりが可能な顧客のみを担当する場合と、契約後のフォロー→追加契約へとつなげる場合の2つがメインです。
どちらもきめ細やかな対応が求められるため、比較的女性に向いている営業といえます。

どんな人が営業に向いているの?

営業の仕事内容と種類について、理解が深まったところで、営業職に向いている人についてお伝えしていきます。

ズバリ、下記の3つに当てはまる人といえます。

  1. 顧客に寄り添いたい、という思い
  2. 話し上手よりも聞き上手
  3. 目標にコミットできる

先程もお伝えしましたが、営業は「ただモノを売る」のではなく「顧客に寄り添う」ことが求められます。
自分が話すことよりも、顧客の話を聞き、課題やニーズを見つけることが大事です。
とはいえ、営業として目標売上数字があることも事実。自身で立てた目標に対して頑張れる人でないとしんどいと感じることも多くなってきます。
ただ重要なのは③よりも①と②になります。

目標にコミットできたとしても、お客様のことを考えられなければ営業職のやりがいは味わえません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?営業職のイメージがガラリと変わった方も多いのではないでしょうか。
最近の営業職採用では、未経験者歓迎の会社も増えており、営業職へのチャレンジがしやすい環境です。
一度きりの人生、ぜひやりたいことにチャレンジしてみてくださいね!

 

足場工事作業員のイラスト

1,000人の経営者が認めた営業代行
月額固定費0円の完全成果報酬型で
御社の営業代行を致します!

今よりもっと売上を上げたい!
無駄な営業コストは無くしたい!

と思っていませんか?

  1. 余計な営業コストを全て削減できる完全成果報酬型
  2. 御社の業界を知り尽くした専門チームが新規開拓を代行
  3. 御社と定める商談条件を満たした高品質アポイントのみご提供

翌月から売上がUPする企業様が増加中!

今すぐ詳細を見る