営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業チラシ配りで成果を出す方法は?差別化できるデザインのコツなど紹介

モノやサービスを売る営業職にとって、チラシ配りは必ず行うであろう仕事のひとつです。
このチラシ配り、みなさんは目的をすぐに説明できますか?

今回はチラシ配りの理解を深めると共に、成果を出すためのポイントをお伝えします。チラシそのもののデザインについて他社と差別化を図る方法や、初心者でも使いやすいツールも併せてご紹介していきます。販促チラシとして生かしていきましょう。

営業のチラシ配りの目的とは

そもそもチラシ配りは「動機を生み出す」「興味を湧かせる」という根本的な目的を持っています。
自社製品について知らないひとのために、知ってもらう行動を起こすことができる有効的な営業活動と言えます。

ただし、反響率は1万件中2~3件が普通なので、なかなか骨の折れる作業かもしれません。

営業チラシ配りで成果を出すためのポイント

営業チラシ配りで成果を出すためにはどうしたらよいのか、ポイントを見ていきましょう。

ターゲット設定

これは大前提ですよね。
情報を届けたい相手が男性なのか女性なのかで扱うチラシのデザインも異なります。
ターゲットがどういった人なのかを設定してからチラシ作りをしましょう。

お得な情報を入れる

これはきっかけをつくることの一つですが、お得な情報があるのなら、店舗に行ってみようかしら、と思ってもらえるようなサービスについての情報を入れるなどいます。
人はサービスという言葉に弱いのでぜひ試してみましょう。

連絡先を入れる

これがないと本末転倒です。しっかりと住所や電話番号、営業時間などを掲載しましょう。
また、不明点があれば連絡しやすいような工夫を施すのも、効果的かもしれません。
お客様とコンタクトを取れると次につながる可能性が生まれます。

わかりやすい写真を使う

わかりやすくシンプルな構図のものを用意しましょう。
あまり賑やかでごちゃごちゃした写真だと文字情報が入ってこなくなってしまいますので要注意です。

差別化できるチラシのデザインのコツ

ここからは営業チラシを他と差別化するためにはどうしたらよいのか、デザインのコツをご紹介いたします。

要素を整列させる

文字列や図などの位置、大きさなどを統一することで見た目がすっきりとします。

書体を限定する

見出しと本文で文字の大きさやフォントを変えることでメリハリがつき、内容も整理しやすいです。
チラシを見る側も情報を得やすくなります。

余白を取る

実はデザインにおいて一番ここが大切です。
色々と情報を詰め込みたくなるところではありますが、余白をしっかり取りましょう。
文字間の余白、図と図の余白、しっかり開けることで見づらさは軽減されるはずでしょう。

コントラストをつける

訴えかけたい文字や図に目立つ色を網掛けでピックアップすると視界の中心に置かれることが多いと思います。
チラシそのものの背景の色彩とは異なるものを使用すると良いでしょう。

他社と差別化するために「Canva」を使おう

では実際に初心者でも簡単にチラシを作れてなおかつ他社と差別化を図りたい!といった場合はどうしたら良いのでしょうか。
「Canva」はデザイン性に富んだデータを作成することができ、なおかつ非常に簡単な作業でおしゃれなものが完成します。

色彩の変更や、写真の位置調整、一見難しそうな作業も簡単に行うことができるので、初心者の方が作成したとは思えないようなハイクオリティなものを生み出すことができます。

一部有料のコンテンツもありますが、無料コンテンツだけでも十分使えますので、ぜひ活用してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は営業チラシの成果を出すポイントやデザインのコツなどをお届けしました。
商品を知る「きっかけ」、来店の「きっかけ」になるよう他社との差別化を図りながら大きくリードできるよう営業チラシを準備していきましょう。大きな反響につなげるチャンスを掴みとってくださいね。

足場工事作業員のイラスト

1,000人の経営者が認めた営業代行
月額固定費0円の完全成果報酬型で
御社の営業代行を致します!

今よりもっと売上を上げたい!
無駄な営業コストは無くしたい!

と思っていませんか?

  1. 余計な営業コストを全て削減できる完全成果報酬型
  2. 御社の業界を知り尽くした専門チームが新規開拓を代行
  3. 御社と定める商談条件を満たした高品質アポイントのみご提供

翌月から売上がUPする企業様が増加中!

今すぐ詳細を見る