営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業に向いている人・向いていない人の診断方法を紹介

このサイトをみている人は営業職になんらかの興味を持ち、さらなるスキルアップを図りたい方かと思います。
営業に向いているか、向いていないかそうした心配をされるかもしれませんが、ご安心ください!
簡単に診断できるんです。

そこで今回は営業に向いている人・向いていない人の診断方法をご紹介いたします。

営業に向いている人・向いていない人の診断方法は?

快活だ、人見知りしない、など営業職に対するイメージは人それぞれあるかもしれませんが、

基本的には営業という職業は業界や企業の社風によって大きく違いがあり、これ!という決定的なものはありません。

したがって、営業に向いてるか向いていないかというのは、エントリーシートをどの企業に提出するかと、その会社に採用されるかということで大体決まってしまいます。

そもそも営業職に採用されないならば向いていないのです。
営業職に採用された以上は、自分は営業に向いていると判断して良いでしょう。

まだ営業職に採用されておらず、これから職業を選択するという方は向き不向きを知りたいですよね。

オススメの診断アプリはこちらです。
パソコン、スマホどちらからも簡単に診断できるのでぜひ一度試してみてくださいね。

さっそく営業診断する!

しかし結果はあくまでも一般的なステレオタイプに沿った内容です。

営業に向き不向きがない、ということを次の章でお伝えしていきます。

営業は向き不向きではない!自分に合った環境を見極めること!

営業職としてどの業界を選ぶか、どの会社を選ぶか、具体的な商品はなにか、
営業先の顧客は誰かということによって、自分の力が発揮できるかどうかは大きく変わります。

優秀な「営業職」とは、決して立て板に水を流すようにトークができる人、
押し出しが強い人、人の何倍もパワフルな人、だけではありません。

自分を客観視できて、その自分をどの環境下に置くのがよいかが理解できている人がよいとされます。

どの会社でも営業職は人格、人となりが重要視されます。
営業職は会社の前面に立つ仕事なので、お客様から「会社の鏡」と見なされるからです。

採用されるには自分の性格や強み、弱みなどを客観的に把握した上で、面接先の会社の社風に合わせ自分がそこで活躍できる人物像であることをアピールできる人だと思われます。
まずは自己分析を行い、営業に向いているか向いていないかという端的なことではなく、自分が営業として活躍できる環境はどこかを考えてみましょう。

まとめ

営業に向いているか・向いていないかはほぼ採用されるかどうかで決まる。
営業職に専門のスクールはないので各会社によって教育研修をしていることが多い。
どの会社でも営業は会社の姿と思われるので自分を客観的に把握でき適切なポジションに自分を置くことが大切です。

足場工事作業員のイラスト

1,000人の経営者が認めた営業代行
月額固定費0円の完全成果報酬型で
御社の営業代行を致します!

今よりもっと売上を上げたい!
無駄な営業コストは無くしたい!

と思っていませんか?

  1. 余計な営業コストを全て削減できる完全成果報酬型
  2. 御社の業界を知り尽くした専門チームが新規開拓を代行
  3. 御社と定める商談条件を満たした高品質アポイントのみご提供

翌月から売上がUPする企業様が増加中!

今すぐ詳細を見る