営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

初心者でも簡単に成果を出せる広告文の作成方法【リスティング広告】

リスティング広告の広告文の作り方には、いくつか抑えておけば簡単に成果を出せるポイントがあります。

特にリスティング広告の運用を始めたばかりの初心者は、「どんなことを書けば良いのか分からない。」

「とりあえずの勘で広告を作ってみたけど、本当にこれで大丈夫?」といった不安が常にあるのでは

ないでしょうか。

リスティング広告の広告文を作ることは非常に奥が深い世界なのですが、これから説明するポイントを

押さえることができれば、一定の成果を出せる広告文を作ることができます。

この記事では、リスティング広告初心者が一通り抑えておきたい広告文の書き方のコツをご紹介します。

%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%e5%ba%83%e5%91%8a%e3%83%bbadwords%e5%ba%83%e5%91%8a%e6%96%87%e3%81%ae%e4%bd%9c%e3%82%8a%e6%96%b9

 

キーワードを見出し文に含めてベネフィットを作る

広告グループに対して設定しているキーワードを含めて、さらにベネフィットを伝えることが

できる見出し文を作ることで、検索キーワードとの整合性が取れ、クリック率を高めることができます。

ベネフィットの作り方については、こちらの記事が参考になります。

「」

 

広告にキーワードを含める理由

広告グループに対して設定しているキーワードを、見出し文や広告文に含めます。

なぜなら、ユーザーが検索したキーワードが見出し文や広告文に含まれていることで、

広告をクリックすることで自分の求めている情報を知ることができると、読み手に対して端的に伝える

ことができるためです。

例えば、『名古屋 ジム』でキーワード登録しているのなら、『名古屋のジムなら◯◯』といった形で、

キーワードを含めることで訴求力を高めることができます。

 

見出し文に実績数値を含める

見出し文に実績数値を含めることで広告文を読んだ人の関心を高め、クリック率を高めることができます。

ここでいう実績数値とは、例えば「売上140%アップ」「満足度96%」「創業50年」など、

会社や商品の信頼を示すことができる数字のことで、よくランディングページのファーストビューに

権威付けとして設置しているパーツのことを指しています。

 

なぜ見出し文に実績数値を含めた方が良いのか?

「満足度が高い営業代行」という見出し文よりも、「満足度96%超えの営業代行」という

見出し文の方が目立ちますしクリックしたくなりますよね?

なぜなら、広告文に数字を含めることで具体性が増し、信頼感を増やすことができるからです。

見出し文で実績数値を使う際の注意点ですが、広告のクリック先URL(最終ページURL)に

実績数値の根拠を示す文章を含んでいる必要があります。

上の例だと、「満足度96%超」という数値を広告文で使用するなら、広告をクリックした後に

移動するページの中に、「※当社のお客様のアンケート結果に基づくデータ」といった形で、

実績数値の根拠を明示しておく必要があります。

 

地域特化型のサービスの場合、見出し文にターゲット地域を含める

例えば静岡県全域をターゲットとした住宅塗装会社の場合、広告の配信先を静岡県に選択するだけではなく、

「静岡県で最も評判の高い住宅塗装」といったように、ターゲット地域を見出し文に含めた方が

高い効果を出すことができます。

 

広告文の文字数制限を増やす設定を行う

広告文の作り方というテーマからは少し外れてしまうのですが、魅力的な広告文を作るためには

必要不可欠な設定をご紹介します。

AdWordsの検索ネットワーク広告の場合、デフォルトでは見出しが12文字、広告文が各17文字までの

文字数制限がありますが、実は日本を含めた一部の国に限り文字数制限を増やすことができます。

この設定を行うことで、見出しが15文字、広告文は19文字まで文字数制限を増やすことができます。

 

文字数制限を増やす設定方法

文字数制限を増やすには、文字数を増やしたい広告グループを開き、「広告」タブを選択後、

「+広告」を選択して広告の新規作成フォームを表示します。

次に、「広告のURLオプション」の下に「東ヨーロッパやアジアの国々をターゲットにしている広告の

文字数制限」と表記された「+」をクリックして展開し、チェックマークを付けることで設定できます。

adwords%e3%81%ae%e6%96%87%e5%ad%97%e6%95%b0%e5%88%b6%e9%99%90%e3%82%92%e5%a2%97%e3%82%84%e3%81%99

 

カッコを使用して広告文を目立たせる

見出し文、広告文の中で最も強調したい部分を全角の括弧で囲むことによって、クリック率を

高めることができます。括弧のみで全角2文字分を使用してしまうので、上で紹介した

文字数制限の上限を増やす手法と同時に使用することをお勧めします。

 

カッコを使用した広告文の例

同じカッコでも、色々な種類がありますよね。

使用するカッコの種類によって、読み手に与える印象が違ってくるので、状況に応じて使い分けた方が効果的です。

 

見出し文にカッコを使う場合の例

最も強調したいフレーズを【】で挟むと、他のカッコと比べて強く強調させることができます。

  • 【売上がグンと伸びる】営業研修
  • 【限定10台】Corei7搭載PCが¥59,800

 

広告文にカッコを使う場合の例

見出し文と同じように、強調したい部分を『』や《》などで囲みます。

 

  • 営業代行は『結果』が全て
  • 体験版を《無料》ダウンロード

 

最後に:成果を出す広告運用のコツ

広告文の作成テクニックは様々ありますが、まずは記事で紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか?

運用の際のポイントとしては、既存の広告を残したまま新たに広告を追加し、どちらの広告の方が

クリック率やコンバージョン単価が優れているのか、常に検証していくことが大切です。

予め比較期間を決めておいて、期限内で効果が低い広告はすぐに停止させ、また新しい広告を作る・・・

といった流れで、常に広告をブラッシュアップしていきましょう。

 

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!