営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

ピアノメーカーの営業マンの仕事内容や年収は?

世の中には様々仕事が存在します。私たちが知っている仕事というものはほんの一部。
社会に出るとこんな仕事もあるんだと気付く瞬間も少なくないでしょう。
今回焦点を当てるのはピアノメーカーの営業です。
日本国内にはピアノメーカーがたくさんあります。
もちろん外国製のピアノで名高いブランドも数多くあります。
たくさんのピアノメーカーの中から自社製品を選んでもらえるように働きかけるのが、ピアノメーカーの営業マンです。

今回はそんなピアノメーカーの営業マンの仕事内容や年収をご紹介していきましょう。

ピアノメーカーの営業マンの仕事内容

ピアノメーカーの営業マンはいわゆるB to Bと呼ばれる法人営業を行っています。
販売店で個人のお客様に販売しているとよく勘違いされますが、それは販売店舗になるのでメーカーの営業マンの仕事ではありません。
メーカーの営業マンはあくまでそういった販売会社にピアノを買っていただくように営業をします。
営業先は販売会社だけではありません。
みなさんももしかしたら触れたことがあるかもしれない学校に置いてあるピアノや市民会館などに置いてあるピアノ、これらもメーカーから直接購入してもらっていることがあります。
これらの営業先に商談をもちかけるにあたって、資料を作成したり、売上管理をしたりと業務の幅も非常に広いのが特徴です。

また、営業先の販売店に訪問し、販売促進のための提案をしたり、売り場の整備をしたりすることもメーカーとしての仕事です。
お客様に満足してもらえるように思索を巡らせることがやりがいに繋がるのかもしれません。
ピアノメーカーの営業マンとして働くうえで特別に必要な資格はありませんが、いろいろな販売会社などに営業活動をしに行くので、普通自動車運転免許は持っている方が良いでしょう。

ピアノに関する知識やピアノ経験もなくてはならないわけではありませんが、あった方がアドバンテージとなります。
音色の違いなどを自分の言葉で表現できた方が説得力も増しますよね。

ピアノメーカーの営業マンの年収

メーカーによっても大きく異なりますが、ピアノメーカーの営業マンの年収は350万円から800万円と言われています。
これだけ年収に幅があるのは営業マン特有のインセンティブ制度が取られていることが多いためです。

ピアノは単価も非常に大きいためインセンティブ制度を採用している場合、大きな収入に繋がることがあります。
また大手メーカーともなると最大年収が1000万円を越えてくることも。

メーカーにもよりますが、賞与が年に4回あるというところもあるようです。
平均的に見ても給与面では充実していると言えます。
ただしこれはメーカーのよるということに尽きるので、転職をお考えの方は面接時に給与面の待遇はしっかりと確認する必要がありそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ピアノメーカーの営業マンにスポットライトを当ててご紹介しました。
とにかく音楽が好き、ピアノが好き、そんな人にとっては非常に合っている仕事です。
好きなものを仕事にするということは至極幸せなことです。
「好きこそものの上手なれ」とも言うように、良いピアノに出会いたいと思っているお客様のために、好きなものだからこそ真摯に向き合うことができるでしょうし、そういう人の方が営業マンとしてお客様から信頼してもらえるはず。
思い切って好きなものに囲まれた業界に飛び込むのも良いかもしれませんね。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!