営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

40代でも営業職に転職して成果を出せる?採用担当者が欲しい人材についても紹介

現在の所属企業に就職して20年になろうとする40代の人が営業職を目指して転職をするにあたり、果たして成果を出せる人材になれるのかが不安材料となるでしょう。
そもそも、自分が営業職として働きたいと思った企業と、採用者が希望する人物像が合うのかも気になります。

そこで今回は40代でも営業職に転職して成果を出せるのか、採用担当者が欲しい人材についても紹介していきます。

40代でも営業職に転職して成果を出せるのか

これまで営業とは全く違う仕事をしてきた40代が営業職に転職してきちんと成果を出していけるのでしょうか。
答えはイエスです。

営業職が営業販売するのは、形のあるものを扱う有形商材、例えばサービスなどの形のないものを扱う無形商材に分かれます。それぞれの商材に対していくらかの知識があるに越したことはないのですが、自社製品に必要な知識は入社後にしっかりとした研修・教育のシステムを整えていますので問題ありません。

大手の求職サイトで企業が求人している営業職の年代は、20~30代よりむしろ40代が最も多く、実際に即戦力として大きな成果を出せる人材は40代だと考えているのが分かります。

40代の人材を営業職に迎えたい採用担当者が求める人材

企業の採用担当者が欲しい40代の人材が持つ、若い世代との違い。
そこに魅力がある人かどうかが採用の条件です。

社会人経験

40代になるまでに積んできた色々な経験により他者に共感する材料が豊富であること、自分が実際に体験あるいは見聞きしたことを元に、若い世代にアドバイスをすることができることなどが採用担当者が求める人材です。
同年代または年上のお客様と同じような悩みや問題を持っていて相手と話題を共有できるのも営業としての強みになり得ます。
また、社会人としての基礎ができているため、商材に対する知識の教育以外に時間を割く必要がないのもメリットですね。

コミュニケーション能力

一方的に話すのではなく、他者の話をきちんと受け止めた上で適切な会話ができる人材が求められます。
適度な間合いを取りながら落ち着いて話を進められる、相手に合わせた言葉を選んで分かりやすい説明・質問への応答ができるなど、こうしたコミュニケーション能力があるかどうかを採用担当者は見ています。

自己管理能力

課題について対策・解決策を立てることができ、自己管理ができる人が採用担当者に好まれる人材です。
自分だけでは解決できない場合には適宜、他者と相談できるなど、連携が取れるかどうかも重要です。

人脈

転職前の会社で築いた人間関係を転職後の営業に活かせるかどうかも強みになります。

上記が一般的に採用担当者が求める能力です。

営業職は、顧客から好感を持たれ、信頼するに値する人物であると思われるように自分を売り込むことが大切な仕事であり、採用担当者は、応募者がそれを容易に可能にして即戦力になってくれる人材を求めています。

定年を60歳から65歳まで引き上げていく時代に入り、40代の営業職は今後20年に渡り活躍してくれる人材で、顧客との長い付き合いを続けてもらうのに最適なのです。

まとめ

今回は40代でも営業職に転職して成果を出せるのか、採用担当者が欲しい人材についてを紹介しました。
いかがでしたでしょうか。40代だからこその社会人経験の長さに裏打ちされたコミュニケーション能力と会社員としてのスキルを活かし、営業職としてどんどん成果を出していきましょう。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!