営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンは第一印象が命!取引先に好印象を与えるコツを解説

営業マンは取引先と折衝をして成約を取ることが仕事です。
そんな取引先に最初に与える印象というのは非常に重要であることは言うまでもありません。
第一印象が悪いとせっかく良い商材を扱っていたとしても、その第一印象に左右されてしまい、話すら聞いてもらえないこともあります。

今回はそんな大切な商談の中でも、今後を大きく左右する第一印象について好印象を与えるコツをご紹介いたします。

取引先に好印象を与える6つのコツ

取引先に好印象を与えるためにはいくつかのポイントを押さえる必要があります。
以下の6つのポイントを押さえれば良いスタートを切ることができるはずです。

①表情

商談中に多く見られるのはやはり顔です。
顔の表情が強張っているとどうしても暗い印象や怖い印象を与えてしまいます。
わざとらしい笑顔も禁物です。
自然で明るい表情が◎。
明るく誠実な印象を与える第一歩となるでしょう。

②身体動作

落ち着きのある動作を目指しましょう。
手元でずっとペンをノックしていたり、足元を揺らしたり、落ち着きのない様子を見せると「この人は余裕がない人なのかな」「イライラしているのかな」と思われてしまいます。
このような動作は普段から癖になってしまっていることもあるので注意が必要です。
無意識に行ってしまっていないか、今一度確認しましょう。

③傾聴

上記の身体動作にも近い部分ではありますが、「あなたの話をしっかり聞いていますよ」という印象を与えるために頷いたり、相槌を打ったり、復唱したりすることも重要です。
営業マンは話すことに重きを置いていると思われがちな職業です。
しかし、実は大切なのは聞くことです。
聞くことに重きを置くよう意識しましょう。
ただし、オーバーリアクションは相手に不信感を与えてしまいます。
自然なリアクションを取れるように日頃から意識すると良いでしょう。

④身だしなみ

身だしなみは大人の常識です。ヨレヨレのシャツを着ていては「だらしない人なのかな」と思われてしまいます。
清潔できちんとした身だしなみをすることで「信頼をしても良さそうだな」と思ってもらえることが大切です。

また、臭いの身だしなみも要注意です。
特に夏場はどうしても汗ばんでしまいます。
その際のエチケット対策は用意しておく必要があります。
汗をかきやすい人は着替えや汗拭きシートなどを持ち歩く必要があるかもしれません。
口臭も意外と自分では気付きにくい部分ですので日頃からチェックしておくようにしましょう。

⑤姿勢

どんなに身だしなみが良くても、猫背で肩が沈んでいるような営業マンには良い印象を覚えません。
胸を張って、いつもより堂々とすることで頼もしい印象を与えることができます。
自信の有無が姿勢に反映されることもありますので、自分に自信をもって商談に臨むことができるようにしておくことも大切です。

⑥アイコンタクト

先にも述べた傾聴と関わる内容ですが、目を見て話す・聞くことで「しっかり向き合ってくれている」という印象を与えることができます。
真っ直ぐで誠実な印象すら覚えるかもしれません。視線がどこかに動いてしまうと取引先を不安にさせてしまいます。
目が泳いでいる様子は自信が無いとも受け取られてしまうので気を付けるとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は取引先に好印象を与えるためのコツをまとめて解説しました。
すぐに意識できること、実践できることばかりですのでぜひ反映させて、良い商談のスタートを切ってきてくださいね。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!