営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

電話営業をするなら効果的な時間帯は?避けたほうが良い時間はココ!

営業の多くが通るであろう新規開拓の手段、電話営業。トークスクリプトの内容や自信を持って話すなど、電話営業の成功の秘訣は数多くありますが、その中でも電話をかけるタイミング、時間帯というのも成功と失敗を分ける大きなポイントであります。
かけると効果的な時間帯やタイミング、逆にこの時間は避けた方がいい、というタイミングも存在します。かける相手先によっても考慮が必要です。

そこで今回は、電話営業をするのに効果的な時間帯と、避けたほうがいい時間帯について詳しくご紹介いたします。

電話営業をするのに効果的な時間帯は?避けたほうが良い時間はココ!

電話営業をするのに効果的な時間帯は実は相手先によって変わります。
一概にこの時間だけが効果的!ということはありません。
BtoB営業の場合、BtoC営業の場合でそれぞれ分けてご説明いたします。

BtoBの電話営業の場合

BtoBの電話営業の場合は、相手先企業の休憩時間後の午後を狙うのがコツです。多くの企業が12〜13時ごろをお昼休憩としているので、13時以降の時間を狙うといいでしょう。
午前中は前日残しておいた仕事や優先度の高い仕事に着手している方が多く、話をまともに取り合ってもらえない可能性があります。
また、会議も午前中にある会社がほとんどであるため、午前中よりも午後の方がタイミングとしては良いでしょう。
相手先が夜だけ営業している飲食店などの場合、あまり午後の早い時間にかけてもまだお店に誰もいないということもよくあります。かといって開店時間の直前は仕込みや準備などでバタバタしており、きちんと話を聞いてもらえないことが多いので、15時〜16時ごろが効果的な時間帯と言えます。

まとめると、

  • 13時以降がベストタイミング!
  • 午前中とお昼休憩は避ける!

ということになります。

BtoCの電話営業の場合

BtoCの電話営業の場合は、固定電話にかける場合はご飯どきやご飯の準備どきは避けましょう。
11時〜11時半ごろはお昼ご飯の準備をしていますし、12時〜13時ごろは昼食をとっている時間帯でゆっくりと電話を受けることが難しいです。
また、17時以降もまた夕食の準備をしている世帯が多いため、13時〜16時ごろを目安にかけるといいでしょう。

 

まとめると、

  • 13時〜16時ごろがベストタイミング!
  • ご飯の準備どきやご飯中を避ける!

ということですね。
一般的な時間帯をあげていますので、より成功率をあげるには電話をかける相手の職種や環境を具体的にイメージすることが重要なポイントとなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

電話営業の効果的な時間帯や、避けた方がいい時間帯についてご説明いたしました。
どの時間にかけると効果が出る!という一概なルールは存在しません。
かける相手先の状況をイメージし、どの時間ならお手すきだろうか、どの時間だと迷惑だろうか、ということを考えると、どのジャンルの相手先でも自ずと答えが見えてくるでしょう。
営業は、相手のことを思いやり相手の問題解決をすることが最重要です。電話営業も同じで、相手の状況を想像し思いやりの気持ちを持って時間帯・タイミングを選別することもとても大切な考え方です。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

足場工事作業員のイラスト

1,000人の経営者が認めた営業代行
月額固定費0円の完全成果報酬型で
御社の営業代行を致します!

今よりもっと売上を上げたい!
無駄な営業コストは無くしたい!

と思っていませんか?

  1. 余計な営業コストを全て削減できる完全成果報酬型
  2. 御社の業界を知り尽くした専門チームが新規開拓を代行
  3. 御社と定める商談条件を満たした高品質アポイントのみご提供

翌月から売上がUPする企業様が増加中!

今すぐ詳細を見る