営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

同期と差をつけるなら今!2〜3年目の若手営業職に必要な能力は?

若手営業職と呼ばれる、新人期間が終わった2〜3年目の営業マン。
実は同期と差をつける絶好のタイミングなんです。

そこで今回は、2〜3年目の若手営業職向けに、同期と差をつける方法と、必要な能力についてまとめてみました。

同期と差をつけるなら今!若手営業職が同期と差をつけるには?

営業マン1年目を超えると新人と呼ばれる期間は終わりです。
新人という肩書がなくなった2〜3年目は同期と差をつける絶好のタイミングだと言われています。
上を目指す営業マンとしてそのタイミングを逃すわけにはいきませんよね。

どうしたら同期と差をつけることができるのでしょうか?
ここからは若手営業マンが同期と差をつけることができるポイントをご紹介していきます。

全力で仕事に取り組む姿勢

会社にも仕事にも慣れてきた2〜3年目。
新人時代は知らないことばかりで、これから仕事をたくさん覚えていこう!と何事も全力で取り組んでいたけれど、気づけばそういう仕事に対する情熱が徐々に薄れてきている頃ではないでしょうか。
そうした怠慢は現状維持どころか失速につながり、いつの間にか同期に置いて行かれていってしまいます。
新人時代の気持ちを忘れず、仕事に対する情熱・努力を絶やさず全力で仕事に取り組むようにしましょう。

定期的に自己分析

1年間営業マンとして活動してきてわかった自分の強み・弱みを冷静に分析してみましょう。
自分自身の強みと弱みを知っていれば自分に合った営業スタイルを見つけることができます。
強みはどんどん伸ばしていき、弱みはいかに上手くカバーするかで同期と差をつけて成長していくことができるでしょう。

2〜3年目の若手営業職に必要な能力は?

新人のうちは「1年目だから仕方ない」と社内でもクライアントからも大目に見てもらえることがあるでしょう。
しかし新人という肩書がなくなり若手営業マンという扱いになる2~3年目の営業職は一人前の立派な営業マンとして成長していく努力を怠ってはいけません。

若手営業マンにはどのような能力が求められるのでしょうか?
ここからは2〜3年目の若手営業職に必要な能力についてご紹介していきます。

自己管理能力

1年目のうちは先輩社員に手取り足取り教えてもらいながら行動していた方がほとんどではないでしょうか。
2~3年目は自分自身で行動していけるよう自己管理能力を鍛えておきましょう。
自己管理能力とは、スケジュール管理体調管理モチベーション管理などが含まれます。
モチベーションを維持するためには、目標設定や目的意識を持つことが重要。
目標を定め、一つ一つクリアしていけるよう自分自身で追求していき、受動的ではなく能動的に活動すようにしていきましょう。

雑談力

営業マンに欠かせないトークスキルの一つに雑談力があります。
商談だけでなく雑談をすることでクライアントとの関係を築くことができるのです。
社会人1年目のうちはまだ雑談がうまくできなくても許されますが、2〜3年目になったらたくさんの人と話したり、いろいろな情報をインプットするなどして雑談力を磨いていきましょう。

顧客獲得力

若手営業マンはまだ半人前だとする業界が実際のところ多いと思います。
しかし一人前ではないからといって顧客を獲得することを諦めてはいけません。
上司・先輩の営業活動を参考にしながら、自分が顧客を獲得するためにはどのように動けばいいか、どのように話を進めれば上手くいくのかなどアプローチの仕方をシミュレーションしながら積極的に顧客獲得に向けて努力しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
若手営業職向けに同期と差のつけ方と、若手営業職に求められる必要な能力についてご紹介しました。
2〜3年目の若手営業マンのうちは、同期と差をつけてグッと大きく成長するチャンスです。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!