営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンに恋をしたエピソード3選!営業マンに恋したらどうすればいい?

営業マンは社交的で、初対面で人間関係を築くのが上手な方が多いです。
話し上手聞き上手で一緒にいると楽しい営業マンに恋心を抱いているという方も多いのではないでしょうか?
しかし営業マンはあくまで仕事上の付き合いでお客様と会っていますし、特別な対応をしてもらっていると感じても、そこには商品やサービスを購入してもらうという目的があります。
「気持ちを伝えたいけど、その気がなかったらお客さんに告白されて困らせてしまうかも・・・」と悩んでいる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、営業マンに恋をしたエピソードを3つピックアップしてご紹介します!営業マンに恋したらどうすればいいのか、ぜひ他の方のエピソードやアドバイスを参考にしてみてくださいね。

営業マンに恋をしたエピソード3選!

それではさっそく営業マンに恋をした実際のエピソードを3つご紹介したいと思います。

episode1:プライベートの携帯番号を教えてもらったけどこれって脈あり?

『部屋探しをしており、年下の営業マンに担当してもらいました。
話が上手で笑顔が可愛い彼と会ってすぐに意気投合しました。

初日からお互いの身の上話や恋愛の話などたくさんして盛り上がり、帰る際にプライベートの携帯番号を教えてもらい、「何かあったら連絡して」と言われました。
「何度か会って仲良くなったお客さんに番号を教えたことはあるけど初日であんなに気が合って番号教えたのは初めてだよ」と言われました。

2回目の打ち合わせの時は「特別に仲介手数料を無料にします」と言われました。
営業マンの彼が上層部と掛け合ってくれたらしいです。
しかし私は他店でも部屋を見て回っていて他の物件が気に入ってしまいそちらで契約しました。

電話がかかってきたときに他のところで決めてしまったことを謝ったら「そのかわり今度ごはんおごってくださいね」と冗談ぽく言われ、「うん今度ね。本当にごめんね。ありがとう」と言って終わりました。
それから連絡はきていませんが、せっかく仲良くなれたのでこれで終わりたくないなと思っているんですが、相手は営業マンなので私のことは別になんとも思っていないのでしょうか。
ただのお客さんだと思われている気がして自分から連絡する勇気は出ず・・・。』

不動産賃貸の営業マンの彼に恋をした20代女性のエピソードです。
プライベートの連絡先をもらい、特別な対応もしてもらった上、冗談かもしれないけれどご飯おごってねとも言われたら、お客さん以上の好意があるのかな?を期待してしまいますよね。

お客さん側の立場としては「彼の優しさはただの営業活動かな」と思い連絡をする勇気が出ない反面、「お部屋探しは終わったのに僕から連絡するのはおかしいかも」と営業マンの彼も遠慮して連絡を控えている可能性もあります。

悩ましいところですが、後者の可能性も考えて「今度行こうといっていたご飯だけど本当に誘っていい?もしタイミングがよかったら来週はどう?」と遠慮がちに連絡してみるのもアリかも。
そこで都合が悪いと断られたら、次は彼からアクションがあるのを待ってみるといいかもしれません。

episode2:ご飯に誘いたいけど迷惑?

『とある営業マンの男性を好きになってしまいました。
彼の誠実な接客ぶりに惹かれ、色々な話をする内にどんどん気持ちが増していきました。

人事異動で担当が代わると連絡を受けた際に今までお世話になったお礼がしたいと食事に誘いましたが、「まだ担当から外れて間もないので、もう少ししたら誘ってください」と言われました。

担当が変わって今は完全に接点がなくなり話す機会も無くなってしまいました。
彼のことを好きな気持ちが諦められないため、どうにかして彼と仲良くなりたいのですが、一度食事の誘いを断られている手前、再びお誘いしても良いものか分かりません。
社交辞令で「もう少ししたら誘ってください」と言った可能性もあり、迷惑かなと思って誘えていません。』

担当から外れて間もないと食事にいってはいけないという会社のルールはおそらく存在しませんが、食事に行ってお客さんに期待をもたせてしまい、告白されて断るなんていう流れになってしまうとお客さんが自社との取引をやめてしまう可能性もあり、現在の担当者の邪魔をすることになってしまうため、控えた可能性が高いでしょう。
かといって食事の誘いを「ごめんなさい行けません」と露骨に断ってしまってもお客さんが不快になってしまいます。

このケースの場合、自社と関わりのあるお客さんに不快な思いをさせないために「もう少ししたら誘ってください」と社交辞令でやんわり断った可能性は大いにありますね。

しかし相手に迷惑かもと思ってなかなか誘えないかもしれませんが、どのみち断られるのであれば後悔しないようにダメもとで「食事にまた誘ってもいい?迷惑だったら次から誘わないようにするから教えて欲しいな」とストレートに聞いてみてもいいかもしれません。

episode3:好意のありそうな返事に期待してもいい?

『私が好きになった相手は1歳年下の不動産営業マンです。
引っ越しをしようと不動産屋さんへ行ったところ、担当になった男性に一目惚れをしてしまいました。
内見の際に様々な話をするうちに好きになってしまいました。

彼とは特に何事もないまま私の希望物件が見つかり契約して鍵渡しをすることになったのですが、私の仕事が忙しく海外出張も重なり鍵渡しが難しい状態になってしまいました。
「終電後にしか伺えないので鍵を郵送していただけますか?」と連絡したところ、「◯◯さんがよければ終電後でも構いませんよ」とお返事をいただいたので、深夜2時に鍵を受け取りました。
これから部屋の採寸に行くと伝えると「よかったら俺も手伝いますよ」と言ってくださり、一緒に新居へ。

採寸は1時間ほどで終わり、始発の時間までお互いの仕事や恋愛の話をしました。
彼女もいないことをそこで知りました。
そのときに彼が「◯◯さんは仕事を頑張ってて魅力的ですよね。じゃないとさすがにこんな時間まで付き合いませんよ」と私を持ち上げる発言をたくさんしてくれたので彼のことを気になってしまっていることをその場で告げました。
すると彼は「本当ですか?そんなこと言われたら俺意識してしまいます。本当に俺でいいんですか?」という反応。
そこでプライベートの連絡先を交換し、海外出張から帰ってきたら飲みに行こうと言われました。

実際に海外出張位から帰ってきて彼が予約してくれた店に二人で行きました。
私に興味があるような素振りがあり、帰りも家まで送ってくれたものの、「他にも行きたいお店があるのでこれで。年内にまた飲みにいけたらいいですね」と社交辞令のような態度を取られ、解散しました。

中途半端な態度なので脈があるのか、はたまた仕事を頑張っている者同士友達でいたいのかわからず、今後どのようなアクションを取ればいいのか悩んでいます。』

こちらもお部屋探しで仲良くなったケースですが、こちらの方の場合、実際に約束を取り付け、食事に行っています。
深夜2時の鍵渡しに応じてくれて、業務外の採寸まで付き合ってくれるなんてちょっと期待してしまいますよね。

リピーターが欲しいという気持ちも営業マンとして当然あると思いますが、お部屋探しは一度決めたら次はいつになるかわからない部分もある中、契約が既に固まっていて鍵は郵送でいいと頼んでいるお客さんに、わざわざ終電後でお渡ししますと配慮してくれているのはちょっと特別な対応な気がしますね。

あからさまに俺でいいんですか?という期待をもたせる言葉も言っているのに、次に会う約束もせず年内また飲みにいけたらいいですねと半ば距離を置くようなセリフ。
これでは脈があるのかないのか、どっちと捉えていいのか難しいですね。

あり得ることとしたら食事に行った際の会話で「あ、この人とは合わないかも」と彼が感じて、解散の時にちょっと距離を感じさせる言葉をいった可能性がありますね。

営業マンに恋したらどうすればいい?

ご紹介したように営業マンとお客さんは話す機会が多いですし距離も縮まりやすい間柄です。
営業活動の一環なのか好意を寄せてくれているのか、わからない場面も多々ありますよね。

恋愛に正解はないと思いますが、食事に誘おうか悩んでいる、思いを伝えるか悩んでいるという場合は、後悔しないように伝えてみてはいかがでしょうか。
一方的にしつこく気持ちを押し付けられたら営業マンも迷惑と感じるかもしれませんが、一度食事に誘うくらいのことで気を悪くする人はそこまでいないと思います。

お誘いする時も「一緒にご飯いきたいと思ってるんだけど、誘ってもいい?迷惑だったら断ってね!」と相手が気楽に断れるように配慮した誘い方をすると◎。

営業とお客さんの関係が壊れないかお互いに気にしている側面もあると思いますので、慎重に言葉を選びつつも、彼と接点があるタイミングを逃さないようにしましょう。

まとめ

今回は、営業マンに恋をしたエピソードを3つピックアップしてご紹介いたしました。
いかがでしたでしょうか。自身のケースに近いエピソードもあったかと思います。
社交辞令が上手な人、契約のために異性のお客さんに対して好意を持たせるような営業をする人もいます。好きな気持ちを告げられて嫌な思いになる人はいないと思いますが、その後の提案活動やアフターフォローに支障が出てしまう可能性もなきにしもあらずです。その後の関係を壊したくないようであれば相手がどう思っているかわかるまで慎重に関係を続けていくのがベターかもしれません。ぜひ参考にしてみてくださいね。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!