営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンがお客さんとLINE電話するのは普通?

スマートフォンが普及した事によるインターネットへの関心やニーズは高まるばかり。
そして大半の方は、インターネットを利用するLINEでのメッセージや電話をすることも多いでしょう。
LINEというと、家族や友人と連絡を取ることが主と考えている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、仕事上でもLINEを利用する方も多くいるはず。

今回は、営業マンがお客さんとLINE電話をすることは今や普通なのか?というテーマについてお話したいと思います。

LINE電話を使ってお客さんとやり取りをすることは普通なの?

果たして、仕事でLINE電話を使うことは普通なのでしょうか?
仕事によってはLINE電話でやり取りをした方が、迅速に仕事を進められる手軽さもあるでしょう。
また、緊急で対応しなければならない場合、仕事の効率も上がります。

携帯電話会社の回線を使わずにインターネット回線を使って通信できるというメリットもあります。
一昔前、インターネットのツールもそれほど普及していない時代、契約している携帯電話会社の回線を利用して電話をした場合、通話料金が高くて驚いたことも多々ありました。

LINEはインターネット通信は利用しますが、通話料の心配はありません。

LINEが便利な反面、仕事への精神的なストレスを抱えるというデメリットも。
営業マンだったら、24時間対応して当たり前というような風潮もあったり、掛けたい時にいつでもかけられる、という手軽さからくるお客さんの要望に時間を割かなければいけないストレスも回避できません。
会社から社用の携帯電話を支給されていればそれを使用することが大半なことが普通。
LINE電話でのやり取りは本当に必要なものなのか、疑問となるケースは0ではないことも否めないのかもしれません。

お客さんとのLINE電話は時と場合により線引きが必要ですね。

まとめ

今回は、営業マンがお客さんとLINE電話をすることは今や普通なのか?というテーマについてご紹介いたしました。
いかがでしたでしょうか。
LINE電話の手軽さに着目するととても便利な手段にも思えますが、普通は社用の携帯電話を支給されており、その携帯でLINEをインストールしていればLINE電話は普通のことと捉えてもおかしくはありません。
しかし、LINEへの手軽さから、心理的な側面を考えたときに自分自身に負荷がかかることは回避したほうが無難ですね。
LINE電話を利用することは今や普通の感覚と言える時代でしょうが、仕事とプライベートの線引きがあることで普通と言えるのではないでしょうか。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!