営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

トップ営業マンが実践しているメモの取り方を解説

商談中にメモを取ることは非常に重要です。
人間は忘れてしまう生き物ですから、メモを取るに越したことはありません。
また、メモを一生懸命取る姿を顧客に見せるというのも大切なことです。

今回は実際にトップ営業マンが実践しているメモの取り方をご紹介していきましょう。

営業マンがメモを取るメリット

さまざまなビジネスシーンにおいてメモを取ると良いことはたくさんあります。
どんなメリットがあるのでしょうか。

商談内容を忘れるのを防ぐことができる

先にも述べた通り、メモを取ることで多くの情報を忘れずに留めておくことができます。
忘れずに留めておくことで次回の商談にも活かされます。

得られた情報をもとに、企画提案を組み立てることもできるので必ずメモを取りましょう。

顧客に「あなたの話をちゃんと聞いていますよ」とアピールができる

メモを一生懸命に取ることで「あなたの話を非常に大事だと思っています。ちゃんと聞いています。」といったアピールができます。
顧客の目を見て、頷きながら話を聞くことも非常に重要ですが、メモを取ることもまた「話を聞いている」姿勢を示すことになるのです。
顧客の話をできるだけ取りこぼすことのないようにたくさんメモを取ると、好感度が上がるかもしれませんね。

商談内容を整理できる

メモをひとまず取っておけば、後から見返した際に商談内容を整理して要約することが可能です。
営業マンは営業管理システムなどを活用して顧客との商談を記録することもあります。
そういった際に頭の中の記憶をただ羅列するより、メモを取ることで内容を箇条書きでまとめて見やすいものに変換することが可能です。
自分で営業記録を見返す際にわかりやすいに越したことはありません。

トップ営業マンが実践しているメモの取り方

それではメモを実際にどのように取っていけばよいのかトップ営業マンが実践しているメモの取り方をご紹介していきましょう。

スピード重視

とにかくできるだけ多くの情報をメモしたいので、綺麗に丁寧に書く必要はありません。
自分で後から見返した時に読むことができれば大丈夫です。
それよりもできるだけたくさんの顧客の思いをメモに残していきましょう。

言葉を丸写ししない

よく陥りがちなのが丸写ししてしまうということです。
顧客の言葉を一言一句間違えずに丸々メモに残すのはあまりにも非効率的です。
単語や大事な部分だけ必ずメモに残して、他の情報を聞き落とさないように注意するようにしましょう。

メモを取るか悩んだら取る

メモを取った方が良い情報なのかどうか瞬時に判断がつかない場合、必ずメモを取っておきましょう。
後から見返した際に取捨選択していけば良いのです。
悩んでいる時間があるのならまずはメモを取れということです。

書いたメモを必ず見返す

書いたメモは必ず見返しましょう。
営業記録などに反映させるものがあるのなら必ず反映させましょう。
見返すことで内容を整理もできますし、ただメモを取って終わりにするのではなく次に生かすような心がけでいることが大切なのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は営業時にメモを取るメリットやトップ営業マンが実践しているメモの取り方などについてご紹介しました。
取るか取らないか悩むのであれば、間違いなくメモを取った方が良いでしょう。
そのメモをどう生かすかもあなた次第。ぜひ次の商談へのヒントにしていきましょう。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!