営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

効果が出ないなら必見!営業で成果を出すポスティング手法を解説

Webが普及している現代でも、営業活動においては、ポスティングで集客をすることも有効な手段の1つと言われています。
しかし、ポスティングでの営業活動を振り返ってみて、効果はきちんとありますでしょうか?

そこで今回は、効果が出ないなら必見!営業で成果を出すポスティング手法を解説していきます。

ポスティングを営業活動で取り入れるのはなぜ?

現代においては、リスティング広告やSNSなどWeb媒体を中心に集客することができるようになり、身体を張って営業活動をしなくとも充分に効果を得られるようになりました。

しかし、多くの企業は広告にかけられる予算が限られているため、Web媒体だけではターゲット層全てにアプローチすることはできません。

そんな時、効果的な手法の1つとしてポスティングがあります。

ポスティングを取り入れるべき理由は2つあります。

圧倒的に低コストでアプローチができる

Web媒体では、クリック課金やインプレッション課金(表示回数により課金される)が主流ですが、どの課金でもだいたい数百円はかかります。

しかし、チラシはモノクロで印刷をすれば5円程度、カラーでも50円程度で済みます。
すなわち、顧客の目に触れさせるためにチラシの方が圧倒的に低コストでできるのです。

手元に保管できるので、視認性が高い

Web媒体では、いつどのタイミングで広告表示されるかは広告を運用する人の腕にかかっており、さらに毎回同じ広告が表示されるとは限らず、記憶に残すことは困難です。

一方でチラシであれば、ポストから取り出すときに目に触れるだけでなく、手元に保管ができるので記憶に残してもらいやすくなります。

営業で成果を出すポスティング手法を解説

ポスティングの有効性が理解できたところで、営業で営業で成果を出すポスティング手法を解説していきます。

意識すべきポイントは下記3つです。

配布すべきターゲットの策定

1番重要といっても過言ではないのが、配布すべきターゲットの策定です。
どんな顧客にアプローチをすべきか、ペルソナを描きましょう。
ペルソナは1つに絞る必要はなく、複数用意して反応を試すなどPDCAサイクルを回していくと洗練されてきます。

また、配布するエリアについても、的を絞れば1度に大量に配布できるため、効率よくアプローチができます。

チラシデザインやキャッチコピーの工夫

先程、チラシは手元に保管してもらえるとお伝えしましたが、デメリットとしてチラシを手にとった時に、相手に内容が刺さらなければ簡単に捨てられてしまいます。
上述のとおり、ターゲットを策定したのちに、ターゲットに伝えたい内容が簡潔に伝わるようなデザインやキャッチコピーを考えましょう。
ときには、先輩や上司など第三者のアドバイスを取り入れて作成すると、より効果的なチラシに仕上がります。

問い合わせ先がひと目でわかる

最後に肝心なのは、営業マンへの問い合わせ先をきちんと明記しておくことです。
仮に、チラシの内容に興味がある顧客が詳細を聞きたいと思っても、問い合わせ先がわかりづらいと連絡がもらえず、せっかくのチラシの効果が台無しです。

また、問い合わせ方法も電話やメールなど複数あると、より問い合わせしやすくなります。
Webサイトからの問い合わせに誘導したい場合は、URLではなくQRコードだとアクセスしやすいのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?現代においても、ポスティングは工夫次第で成果が見込めます。
ポスティングで成果が上げられずに悩んでいる方はぜひ今回紹介した手法を取り入れて、成果の出せる営業マンへと進化していきましょう!

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!