営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンは「体育会系」は間違い?優秀な営業マンのリアルな実情を紹介

みなさんは営業職にどんな印象を抱いていますか?
「人とのコミュニケーションスキルが高い人が多そう」「成績がモノを言う世界っぽい」などいろいろあるかと思います。
そしてよく世間から言われるのが「体育会系の人が集まっていそう」ということ。
確かにひと昔前はそういう企業も多かったようですが、昨今ではその認識は間違いなんだとか!

そこで今回は営業マンのリアルな実情も挙げながら、「営業マン=体育会系」のイメージを払拭していきます。

営業マンは「体育会系」は間違い?従来と昨今の営業マンの違い

これまで営業マンはノルマに追われ、ノルマのために動くというのが当たり前の世界でした。
そのため、ノルマ達成のためなら残業も厭わない営業マンも多く、体力を要する職種だったと言えます。
加えて企業側も、肉体的・精神的に耐性のある人材を求める傾向にありました。
それゆえに営業マンに対するイメージはどんどん「体育会系」として確立されていってしまったのです。

ところが昨今では、顧客満足度に重点を置く営業活動が目立っています。
数字だけを追いかけるのではなく、顧客のニーズに合わせた事業展開をするかどうかが、競合他社との差別化を図る最短ルートだからです。

また、インターネットやSNS文化が普及する現状に伴い、顧客はある程度の知識を事前に持ち備えているケースもあります。

それよりもさらに深い知識やより柔軟な企画展開をすることが営業マンとして求められる気質なのかもしれませんね。
もちろん昨今においても、体育会系のガツガツした営業活動をする会社もありますが、そればかりではないので知っておくと良いでしょう。

特にみなさんがこれから勤めようとしている業界が果たしてどういう営業マンが多いのかという傾向はチェックする必要があります。

優秀な営業マンのリアルな実情

コンサルタント業界に勤める優秀な営業マンのリアルな声をご紹介します。
コンサルタント業界では押しの強さは必要なく、品性インテリジェンスの高い提案を求められます。
飛び込み営業などを行うとかえって悪い印象となる可能性が高いそうです。
しっかりと顧客と向き合って提案をしていくので、信頼関係の構築も重要になってくるので、どのように仲良くなるかということも考えていますとのことでした。
着実に成果を挙げていく印象がありますよね。

他にも専門分野に特化した営業などは専門的な知識を有した技術者などでしか務まりません。
知識の要らない営業職だとガッツで乗り切る部分が露呈されますが、専門分野に関わる営業職であれば、顧客側も営業マンを「先生」と呼んでくれることもあるんだとか。

顧客が営業マンをリスペクトしてくれるようになれば、商談も大いに進めやすくなるでしょう。
そのためにも専門分野に限らず、業界に関わる知識は常に最新のものにアップデートするように努めて、顧客に情報提供できるようにしておくことが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
時代の変遷に伴って営業マンとしての在り方も変化してきているのかもしれませんね。自分に合った働き方を見つけて自分らしく働く、そんな時代が来ていることは間違いありません。みなさんも自分らしく働くために、常に顧客のニーズをキャッチするよう心がけてみてください。体育会系と言われる古き良き営業マンの時代から脱して、新しい営業スタイルをみなさん自身で切り開いていきましょう。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!