営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

女性営業の靴はヒールがない「ぺたんこ靴」でも大丈夫?営業職の靴選びのマナー

正式なビジネスの場において、女性はヒール靴をはくことが求められてきました。一方、昨今のビジネスファッションシーンにおいて、カジュアル化が進んでいることもあり、靴選びの選択肢にも幅が生まれてきました。
特に、営業職の女性は社外との接点が多くビジネスマナーが気になるのと同時に、外回りなどで長時間歩くこともありより快適性が求められるため、靴選びは非常に大切です。

そこで今回は、営業職の女性はヒールのない「ぺたんこ靴」でも大丈夫なのか?そして、営業職の靴選びのマナーについて解説していきます。

女性営業の靴はヒールがない「ぺたんこ靴」でも大丈夫?

結論からいうと、営業職の女性の靴はヒールのない「ぺたんこ靴」でも大丈夫です。
ただし、ある程度ビジネスシーンで守った方が良いマナーもありますので、それらを守った上で条件に合う「ぺたんこ靴」を選ぶようにしましょう。

営業職の靴選びのマナー

ビジネスファッションのカジュアル化は進んでいますが、やはり最低限のマナーは守りたいもの。ファッションは、取引先へのおもてなしや思いやりの心を表すことになります。
相手や場にふさわしいものを選ぶよう心がけながら、社会の流れに合うアイテムを選んでいくようにしたいものですね。
そこで、靴選びに関するマナーを3つご紹介します。

  1. ヒールの高さの選び方
  2. 色や素材の選び方
  3. 清潔感と品位

①ヒールの高さの選び方

ビジネスシーンにふさわしいヒールの高さは、5-7cmと言われています。7㎝を超えるヒールは時に高圧的に感じられることもあるので注意が必要です。ヒールに慣れていない方は、3-5cmほどのヒールでも良いでしょう。ヒールのない靴は、ヒールのある靴と比較するとカジュアルな印象がありますが、その分ややフォーマルな形や素材を選べば問題ありません。
妊娠中の営業職の女性は、ご自身と周囲の方も安心な、フラットシューズを選ぶことをオススメします。

②色や素材の選び方

ビジネスファッションの幅が広がってきたとはいえ、色や素材には最低限気を付けたいもの。派手な印象を与える可能性のある白やピンクなど明るすぎる色や、たとえ上質でも場面によってはパテント素材も避けた方がよいことがあります。
ベーシックカラーのツヤのない革素材やスウェード素材のパンプスは誰からも好まれるでしょう。ヒールのない靴であまり堅苦しくない場面では、クロコの型押し素材など少しポイントを付けても問題ないでしょう。

③清潔感と品位

靴選びに限ったことではありませんが、最も大切なのは、取引先や同僚に対して清潔感がある装いで好印象を持ってもらうことです。
外回りで長時間歩くとダメージを受けやすいので、靴のメンテナンスは定期的に行い、清潔感をキープするようにしましょう。
また、1足を毎日履くのではなく、足にフィットして快適に過ごせる靴を数足用意しておいて、1足だめになっても支障が出ないようにしておくことが重要です。
さらに、鞄やスーツとの色味を合わせることで靴がなじみ、品よく印象の良さが引き立つコーディネートとなるでしょう。

まとめ

今回は、営業職の女性が「ぺたんこ靴」を選んでも大丈夫かどうか、そして靴選びのマナーについて解説しました。
外回りである機会が多いからこそ、長時間歩いても快適に過ごせて、取引先への配慮を両立できるように工夫しましょう。
何より大切なのは清潔感をキープすることと品のある装いです。取引先からも好印象を得られて営業活動にプラスになる靴選びを心がけましょう。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!