営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンに必要なスーツの数は何着?持っておいたほうが良いデザインも紹介

営業マンは毎日スーツを着ます。
しかし毎日同じスーツではすぐに傷んでよれてしまいますし、かといってワンシーズン毎日違うスーツを着るのは経済的にも現実的ではありません。
では何着スーツを持っていれば程よく着回しができるでしょうか?

そこで今回は、営業マンに必要なスーツの数は何着なのか解説します。合わせて持っておいたほうが良いデザインもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

営業マンに必要なスーツの数は何着?

営業マンに必要なスーツの数は3着〜5着です。
週休2日と考えると一週間毎日違うものを着回せるように5着持っていると安心です。
毎日外回りがあるわけでない方は3着でも問題ないでしょう。

毎日同じスーツを着ていると汚れやシワが増え、傷みが早くなってしまいますので、最低でも3着以上用意して着回すようにしましょう。
1日着たスーツは汗や汚れを含み、着衣による小ジワがついてしまうもの。
スーツが3着あれば1日着たスーツを2日で休ませることができるため、スーツを長持ちさせることができるのです。

冬に夏物のジャケットを羽織るわけにはいきませんから、可能なら夏用スーツ、冬用スーツそれぞれで3着あるのが望ましいですが、若手営業マンのうちはスーツを何着も購入する余裕がないでしょうから、夏用1着、冬用2着程度を用意しておくようにしましょう。

営業マンが持っておいた方がいいスーツのデザイン

営業マンはスーツを3着〜5着持っておいた方がいいとお伝えしましたが、全て同じような色・柄だと毎日同じようなスーツを着ているという印象を与えてしまいます。
毎日同じスーツを着ていると傷みが早いのもそうですが、お客様や社内の人間にずっと同じスーツを着ていると思われるのも面白くないですよね。
そのためせっかくいくつかスーツを揃えるのであれば全て違う色・柄のものを買うといいと思います。

オススメは黒、ネイビー、ライトグレー、ダークグレーなど違うカラーを揃えること。
そして無地、ストライプと柄も変えてみましょう。

ダークグレー×ストライプ、ネイビー×無地、ライトグレー×無地、これだけで全く異なる印象のスーツを3着持つことができます。

営業 スーツ 着回し

営業 スーツ 着回し

営業 スーツ 着回し

この辺りの色味、柄はスーツの定番なので取引先や社内で浮くこともありませんし、持っておいて損はないでしょう。

季節でスーツの色味を変えるのであれば、夏は涼しげなライトグレーやライトブルーといったカラーを、冬は重厚感のあるダークグレー、ネイビー、黒などのカラーのスーツを選ぶようにしましょう。

また、スーツだけでなく、合わせるシャツやネクタイなどを変えるだけでも印象をガラリと変えることができますので、スーツを購入するよりも安価なシャツやネクタイはもっとたくさんバリエーションを持っておいても良いですね。

スーツが数着しかなくても組み合わせ次第で何通りものおしゃれを楽しむことができますよ。

社会人1〜3年目のうちは給料もそこそこなのでたくさんスーツを揃える余裕はないかもしれませんが、3年目を超えたあたりから余裕が出てきたらスーツのバリエーションも増やしてみてください。
そのうちカラーや柄だけでなく、素材や仕上げなどディティールにもこだわりたくなる時期がくるでしょう。

単純なことですが、おしゃれはやはり自身のモチベーションアップに欠かせないテーマ。
毎日仕事へ向かうのがワクワクするような、自分の中のモチベーションが高まる1着をぜひ揃えていってみてくださいね。

まとめ

今回は、営業マンに必要なスーツの数は何着なのか解説するとともに、持っておいたほうが良いデザインもご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか。
毎日同じスーツを着ていると傷みが早くなってしまいますし、いつも同じスーツを着ていると思われるのも面白くありませんよね。最低でも3着、余裕があれば5着は用意しておくようにしましょう。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!