営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンにタブレット端末を導入すると成果が向上する?様々な事例をもとに解説

近年、iPadなどのタブレット端末が普及したことにより、ビジネスにも活用する企業が増えてきました。
その中でも、営業マンにタブレット端末を導入して成果が向上した例もたくさんあります。

そこで今回は、営業マンにタブレット端末を導入すると成果が向上する?様々な事例をもとに解説していきます。

営業マンにタブレット端末を導入するメリット

現代の流れに乗って、営業マンにタブレット端末を導入しようとしても、導入費用もかかるため導入にためらってしまう企業も多いかと思います。
しかし、営業マンにタブレット端末を導入することでメリットがたくさんあります。

まずは、営業マンにタブレット端末を導入するメリットを紹介いたします。

営業資料をタブレットで見せられるため、資料忘れ防止や紙の削減につながる

常に大きな営業カバンにびっしりと営業資料やカタログを持ち歩いている営業マン。
タブレット端末に営業資料やカタログを格納できるため、タブレット端末のみで商談をすることが可能になります。
持ち運びの負担が減るだけでなく、資料の印刷し忘れや、カタログの部数が足りなくなるなどのリスクが軽減できます。
さらに、紙の資料が減るため、紙の削減につながり、経費削減の期待もできます。

スキマ時間で営業マンにが学べるコンテンツが用意できる

タブレットには、営業活動で活かせそうなノウハウが詰まった動画や資料を格納することも可能です。
これらのコンテンツを活かして、スキマ時間を活用して学びを与えることで、営業マンのスキルアップにつながります。

動画などを用いて説明ができるため、より効果的な商談ができる

扱う商材によっては、動画を用いた商品説明が必要な場合もあります。その際に活躍するのがタブレット端末です。
実際の動きを動画で見ることで、顧客に明確なイメージを与えることができるので、より効果的に商談を進めることができます。

営業マンにタブレット端末を導入すると成果が向上する?事例を紹介

営業マンにタブレット端末を導入するメリットが理解できたところで、実際に成果は向上するのでしょうか?
今回は様々な事例をもとに解説していきます。

事例1:リードタイムの短縮に成功

ある企業では、属人化していた営業組織に対して、タブレット端末を導入して営業スキルを身につけられるラーニング動画を配信し、組織全体の営業スキルの向上を目指しました。そうすることで、目的であった組織全体の営業スキルの向上だけでなく、顧客とのコミュニケーション量が増加し、リードタイムの短縮につながりました。

事例2:結果的に経費削減に成功

ある企業では、紙資料やカタログを用いて営業活動を行っており、印刷機の調子が悪くなりがちで鮮明なカラーの資料を顧客へ提供できないこともありました。
そこで顧客に対して、明瞭な資料で商談をすることを目的としてタブレット端末を導入したところ、紙の使用量が大幅に削減につながりました。
またそれ以外にも動画を用いた商談ができるため、新人営業マンでも商談を円滑に進めることができるようになり、受注率を高めることに成功しました。

まとめ

今回は、営業マンにタブレット端末を導入すると成果が向上するのか、様々な事例をもとに解説していきました。
いかがでしたでしょうか。
タブレット導入にハードルを感じていた方も、メリットの多さや、様々な事例を知れたことで前向きになったのではないでしょうか。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!