営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンの成績が爆上げするスケジュール・タスク管理方法を紹介

営業マンのみなさんは、日々のスケジュール・タスク管理方法はどのようにされているでしょうか?
営業活動に追われてしまい、スケジュール・タスク管理方法に自信がない方や、「もっと効率よく管理できれば成績が上がるのに」と思っている方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、営業マンの成績が爆上げするスケジュール・タスク管理方法を紹介いたします。

スケジュール・タスク管理の徹底が営業マンの成績を爆上げする理由

成績が良い営業マンの特徴の1つとして、スケジュール・タスク管理が徹底されています。
多くの営業マンの手帳やスケジューラーには商談時間やミーティング時間が入れられているのみで、その他は余白であることが多いです。

しかし、成績が良い営業マンは、商談準備や新規開拓のためのアポ取りまであらゆる仕事をタスク化してスケジュールに組み込んでいます。

そうすることで、

  • タスクの抜け漏れを防ぐことができる
  • 時間内にタスクを終わらせるためにどう工夫すればいいのか考え効率よく質の高いパフォーマンスを発揮できる

という2つのメリットがあります。

常に仕事に無駄がなく、「もっとよりよくするためには?」の視点を持ち合わせているので、効率よく成績を上げられる工夫を模索しては実行しているので成績が良い状態をキープできているのです。

営業マンの成績を爆上げするスケジュール・タスク管理方法

では、どのようにスケジュール・タスク管理をすれば成績を爆上げすることにつながるのでしょうか?

今回は、3つのSTEPに分けてご紹介します。

1.商談やミーティング以外の営業活動の時間をタスク化する

商談資料作成や、請求書など書類作成の時間も1つのタスクとして言語化しておきましょう。
意外に思われる方も多いかもしれませんが、移動時間も立派なスケジュールの1つです。
営業活動内で行われる仕事や活動をすべて言語化し、かかる時間も併せて決めておきます。
ポイントとしては、時間は余裕をもって多く見積もって設定することです。
急な依頼や道路渋滞など予想外のことに備えておくことで、1日のスケジュールが崩壊しにくくなります。

2.タスク化したものを、リマインド機能がついているスケジューラーやツールへ記入する

1でタスク化したものを、スケジュール管理しているツールに記入していきます。
ここで重要なのは、なるべくリマインド機能がついているアプリなどのスケジュール管理ツールに記入することです。
紙の手帳だと、手帳を見ない限りタスクを忘れがちです。
リマインド機能がついているツールを用いると、タスク開始10分前に通知がくるなどタスク忘れを防ぐことができます。
無料で手軽に使えるものとしては、Googleカレンダーがおすすめです。
パソコンでもスマホアプリでも使えるので、移動中にスケジュール記入も可能なので便利ですよ。

3.定期的にタスクの効率化するには?などタスク整理の時間を作る

特に、ルーティーンとなっているタスクに関してはなるべく効率よく仕事をこなして営業時間を多く確保することが成績を爆上げすることにつながります。
定期的にタスク整理の時間を設けて、「このタスクはもっと短縮したい」「このタスクは想像以上に時間がかかる」など、タスクにかかる時間を定期的に見直していきましょう。
なるべく、突然の電話などの阻害要因がない、朝早い時間に行うのがおすすめです。

まとめ

今回は、営業マンの成績が爆上げするスケジュール・タスク管理方法を紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?
今までスケジュール・タスク管理方法に悩んでいた方は、今すぐにでも3STEPを取り入れていきましょう。
そうすることで、成績が良い営業マンへと近づいてくはずです!

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!