営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

優秀な営業マンを中途採用するために絶対必要な3つのポイント

人生100年時代と言われる昨今、新卒採用で1つの会社に長く勤めるのではなく、転職して中途入社することが珍しくない時代となってきました。
そんな中で、優秀な人材を獲得するにはどのように採用活動を進めていけばよいのか、悩みますよね。

そこで今回は、優秀な営業マンを中途採用するにあたって必要なポイントをご紹介いたします。

中途採用のポイント1:採用したい営業マン像を具体的に持つ

採用するにあたってよく耳にするのが「優秀な人が欲しい」という声です。
しかし、そもそも、「優秀な営業マン」ってどんな人を指すのでしょうか?
「優秀」だけでは抽象度が高く、人によって考え方もバラバラです。

同じ会社に居る人でも、「学歴が高い=優秀」と考える人もいれば、「営業経験が長い=優秀」と考える人もいるでしょう。
だからこそ採用する側がまず採用したい優秀な営業マン像を具体的に言語化しイメージしておく必要があります。

中途採用のポイント2:採用面接に社内の優秀な営業マンを同席させる

面接官は多くの場合、人事や営業部長・役員など人材採用に責任を持たなければならない職域や役職の人を中心に構成されます。
面接官が営業の第一線を主業務としているわけではないので、実際に営業として活躍しており、かつ教育係として面倒を見る予定のある先輩を同席させ、総合的に人材の見極めを行っていきましょう。
人事や役職のある方が持ち合わせていない視点で評価をすることもできます。

また、優秀な営業マンを同席させることは、採用要件にドンピシャな転職者が採用面接に来た場合においても効力を発揮します。
営業の第一線で活躍している者が、自社の魅力や仕事の面白さ、やりがいをダイレクトに伝えてあげることで、志望度を高めることができる効果があります。

優秀な営業マンほど多忙ではありますが、今後の会社を創っていく採用活動を全社で取り組んでいくカルチャーもあわせて作り上げていきましょう。

中途採用のポイント3:求人募集は手広く様々な手法を用いる

一昔前までは、求人情報誌が中心となって募集をかけていましたが、インターネットの普及に伴い、どんどんインターネットを通じた人材募集が増えてきました。
その中でも、求人サイトは数え切れないほど登場し、リスティング広告など求人サイト以外での採用手法も登場してきました。

このように、多様化している求人募集の手法から、どれかに絞って行うのは非常に危険です。
その理由は、転職者側も複数の求人サイトや転職エージェントを使って仕事探しをしているからです。

優秀な営業マンがどんな仕事探しをしているかが不明瞭な時代だからこそ、自社の求人を見つけてもらう工夫が必要なのです。
例えば、掲載料を払って求人を載せたり、成果報酬型として求人掲載は無料なものの採用決定時に対価を支払う方法もあります。

お金をかけて採用活動したくない場合は、まず自社ホームページの採用情報を更新することで、大手求人サイトのindeedが採用情報を無料でクローリングしてくれ、採用情報にマッチした検索語句で検索された場合、検索結果に表示されるようになります。
その他、無料で採用サイトを提供してくれるengageもあるので、ぜひ取り入れてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
優秀な営業マンを採用するためのポイントを1つでも多く取り入れ、人事だけの力で行うのではなく、会社全体で取り組んでいきましょう。
会社の中心を担う優秀な営業マンの採用が成功することを願っています!

足場工事作業員のイラスト

1,000人の経営者が認めた営業代行
月額固定費0円の完全成果報酬型で
御社の営業代行を致します!

今よりもっと売上を上げたい!
無駄な営業コストは無くしたい!

と思っていませんか?

  1. 余計な営業コストを全て削減できる完全成果報酬型
  2. 御社の業界を知り尽くした専門チームが新規開拓を代行
  3. 御社と定める商談条件を満たした高品質アポイントのみご提供

翌月から売上がUPする企業様が増加中!

今すぐ詳細を見る